◆コンサルティング

先進国では今後20年で、雇用の半数以上がロボットに代替される

先進国では今後20年で、現雇用の半数以上がロボットに代替される。ブリュッセルの調査センターBruegelが発表した。

ロボットは、テレマーケティング、法律、財務分析で仕事を見つけることができるという。
ロボットが、失業率にどのような影響を与えるかは、今のところ不明。

 

なかなか刺激的な発表が、ブリューゲルされている。

ブリューゲルは欧州連合本部のあるブリュッセルに本拠を置くシンクタンク。2004年8月10日に設立され、2005年より活動をしている。ブリューゲルとは「ブリュッセル欧州世界経済研究所」の頭文字をつなげたものであるが、ルネッサンス時代の画家ピーテル・ブリューゲルの名前に掛けたものでもある。(ウィキペディア

 

とはいえ、想像できない世界ではない。今までの10年よりも、今後の10年の方が、同じ10年でも進歩のスピードはこれからの方が圧倒的に速い。時間的な進化は、今、自分自身が考えている未来より、より進歩が進むと考えた方が賢明。

またフォックスコンが、「ロボット部隊」を作ろうとしている。

フォックスコン、ロボット100万台の「ロボット部隊」をつくる

英紙「フィナンシャル・タイムズ」(電子版)の28日付記事によると、富士康(フォックスコン)の戴家鵬上席副社長が、ミュンヘンで開催された国際オートメーション・メカトロニクス専門見本市に出席したことに、ロボット業界のトップらが関心を払っている。

戴家鵬上席副社長は、ロボット100万台からなる「ロボット部隊」をつくり、労働集約型電子工場の生産性向上を実現するという重任を帯びているからだ。

人間が汗水流して労働することがない時代が、来るかも知れません。その時、人間でないとできない仕事をしていない自分自身の仕事がロボットに取られているかも知れません。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    会社(組織)のエンゲージメント力(絆)を上げよう
  2. 00 半導体業界

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  3. https://inouemasashi.com/mot/%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD%E3%81%A7%E3%81%AEhololens%EF%BC%88ar%E3%80%81mr%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E5%8B%95%E5%90%91%E3%81%AE%E6%8A%8A%E6%8F%A1%E3%81%A8%E6%B4%BB%E7%94%A8%E7%A0%94/

    AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向の把握と活用研究①
  4. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
  5. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
PAGE TOP