◆コンサルティング

経産省:夏にも自動運転に必要な技術開発や標準化に着手

自動運転に必要な技術や標準化に経済産業省が着手という記事がでていた。

最近は技術の進歩が早いので、法整備等が遅れがちになっている。今回は早い方かもしれません。

最近は「昔は車を運転していた時代があったね、ということをいう日が来るね。」ということを日常会話でいうこともある。

技術が確立されて、その技術を日常で使い、その生活がイメージできるレベルになると、その技術の実現は近い。

すべての車が自動運転になるのは、普及しだしてから買い替え期間を考えると10年以上かかる。

そう考えると少なくても、15年後くらいは車を運転している人は半数以下にはなっている世界がまっているかも。

経産省、夏にも自動運転に必要な技術開発や標準化に着手−隊列走行や短距離送迎

経済産業省は自動車業界と共同で、2016年夏にも自動走行に必要な技術の開発や標準化に着手する。トラック後列車両が自動で走行する「隊列走行」、駅や病院、小売店までの短い距離を自動走行車で送る「ラストワンマイル」サービスなどが対象。いずれも人手不足や高齢化などの日本が抱える課題を緩和するもので、18年度の実証試験入りを目指す。(日刊工業より)

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
  2. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  3. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  4. ◆コンサルタントの視点

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
  5. ◆コンサルタントの視点

    会社(組織)のエンゲージメント力(絆)を上げよう
PAGE TOP