◆コンサルタントの視点

社長の頭の中の「見える化」。それは「決めて」→「チェック」する会社の体質強化につながる。

クライアント先でまず真っ先にすることは何か?

意思決定がどう行われているかです。

また。「何に」対して活動をしているかを確認します。

「何に」対してというのは、

①現状の「問題」          →  過去に対して

②目標・ビジョンに対する「課題」  →  未来に対して

ということです。現状の問題をまずは片づけないといけません。

中小製造業としてやるべきことは、簡単です。

受託型は、自社の「商品力(技術力」を上げ為に、QCD生産性・人材育成(技術力)を上げることです。

メーカー型は、自社の「製品力」を上げること、差別化することです。その為の体制(機能)と能力が重要です。

 

いずれもしても戦略を実行する為の「前提条件」を整えないと、どんないい戦略を立ても実行に移されることはなく、

「それでいいんだ文化」が醸成されていきます。

「決めて」も、実行しなくていいという暗黙の了解。どんどん、文化が醸成されていきます。

そんな文化が嫌で優秀な社員は辞めていく。。。。。

 

なぜそうなるのか?

 

それは、しっかりと「決めること(場所・時間と内容、そして記録)」と

それを「チェック(場所・時間と内容、そして記録)」がないということです。

 

始めは、内容よりも「決めて」→「チェック」することをしっかり徹底してやることができなければ会社が良くなることは難しいです。

20名を超えてきた辺りから、必須になってきます。

20名以下は、社長だけでもコントロールできます。

コントロールしすぎると、20名を超えてき30名、40名となると、いろいろ問題が噴出します。また労務問題に発展することがあるでしょう。

 

まずは、「決めて」→「チェック」することの徹底です。

 

ある意味、社長の”想い”の見える化に繋がっていきます。

社長の実行度も同時に問われます。

 

本当に、会社を良くしていく為、成長させるには、社長の頭の中の「見える化」が重要ということです。

 

社長の想いを社員に伝える為に会社に神経を通す


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  2. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  3. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  4. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  5. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
PAGE TOP