製造業 経営コンサルタント

◆コンサルタントの視点

産業用ロボット購入台数で中国が日本を抜き、世界最大の市場に

産業用ロボット購入台数で中国が日本を抜き、世界最大の市場になった。

この記事を要約すると、以下の通り。日本では成長戦略にロボットが入り、産業用ロボットを2倍にする。世界的には活用が進んで、今後の成長産業である。

 

●国際ロボット連盟(IFR)が発表した最新統計によると、

中国が購入した産業用ロボットは、3万6,560台(1位)
日本の購入した産業用ロボットは、2万6,012台(2位)、
米国の購入した産業用ロボットは、2万3,679台(3位)
購入数で初めて中国は世界最大の産業用ロボット市場となった。
製造された産業用ロボット5台のうち1台は中国が購入したことになる
購入量は前年比で60%近く成長した。

●需要が急速に拡大した背景として、製造業における人件費の高騰
その他の新興経済体との競争激化などの影響

●産業用ロボットの稼働台数では日本がダントツの1位となっており、2012年の稼働台数は日本31万台、中国9.6万台、米国16.8万台

●中国市場での産業用ロボットの販売高の約半数は日本の6メーカーが占めており、中国を代表する国産産業用ロボットメーカー4社のシェアはわずか5%にとどまる

 

産業用ロボット購入台数で中国が日本を抜き、世界最大の市場に

─第一財経日報(2014年6月3日)

国際ロボット連盟(IFR)が発表した最新統計によると、中国が2013年に購入した産業用ロボットは3万6,560台で、購入数で初めて日本を追い越し、中国は世界最大の産業用ロボット市場となった。この3万6,560台という数字は、2013年に製造された産業用ロボット5台のうち1台は中国が購入したことを意味し、購入量は前年比で60%近く成長したことになる。なお、2013年における日本の購入数は2万6,012台、3位は米国の2万3,679台であった。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

各種ソリューション

各種ソリューション
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
製造業・加工業のWEBマーケティング

記事カテゴリー

  1. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  2. ◆コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  3. 00 半導体業界

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  4. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  5. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
PAGE TOP