製造業 経営コンサルタント

◆コンサルタントの視点

産業用ロボット設置規制緩和で生産性向上

昨年の2013年12月24日に、「産業用ロボットに係る労働安全衛生規則第150条の4の施行通達の一部改正」が通知されました。6月14日に閣議決定された規制改革実施計画ならびに近年の安全性確保にかかる技術レベルの実情を踏まえたものです。

 

日本国内の生産現場では、労働安全衛生規則が適用(優先)される。その為、産業用ロボットを安全柵などを用いて作業者と分離する必要があり、作業者との協調作業が認められていませんでした(定格出力80W以下は除外)。

 

国際規格「ISO 10218-1:2011」および「ISO 10218-2:2011」では、ロボットの停止監視や人とロボット間の相対距離・速度監視、ロボットの力制限などの条件下では、人とロボットの協調作業を認めており、今回の改正は国際規格に整合するものです。

 

日本の規制を国際基準並みにすれば、既存の生産ラインにロボットを導入しやすくなります。

また産業用ロボットの設置基準緩和で、国内製造業の競争力底上げや設備投資を活発化させる狙いもある。また、生産ライン新設や改修に資金がかからなくなれば、製造業の海外シフトの歯止めになると見られている。

 

SI(システムインテグレーター)やエンジニアリング会社は、今後、ロボットの導入が進む可能性が高い。それまでに考え、実践することは、安全面や業界やワークなど多様な用途に対応できるように、テーマを絞り込んで経験を積むことが大事になります。ロボットのシステムインテグレートは、経験が競争力に繋がる。ぜひ、トライしてもらいたい。

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

各種ソリューション

各種ソリューション
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
製造業・加工業のWEBマーケティング

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  2. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  3. 00 半導体業界

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  4. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  5. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
PAGE TOP