IoT:モノのインターネット

機械たちのコミュニケーションが始まる!それがIoT・コネクテッド・インダストリーズだ!

製造業コンサルタントの井上です。

現在ロボット展が開催されて、更にIoTやコネクテッド・インダストリーズという言葉が飛び交ってきています。

その先には、AI(人工知能)によるデータの活用という流れです。

機械と機械が繋がっていきます。

今までは、ある意味孤独(?)な機械たちが、それぞれが繋がりコミュニケーションが始じまるということです。

人間社会も個々人が別々に作業を進めるよりは、声掛けや朝礼、ミーティング等々でコミュニケーションをとった方が格段に生産性はあまります。当然、QCDにも寄与します。更に、社員の満足度にも当然寄与します。

少し意味合いは違いますが、機械同士のコミュニケーションが始まる時代です。

より生産設備である、装置・機械とのコミュニケーションを行い、より生産性が高く強い製造現場を作り上げて下さい。

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
  2. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  3. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
  4. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  5. ◆コンサルタントの視点

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
PAGE TOP