◆コンサルティング

20180504 製造業の経営者が押さえるべきニュース|先端製造業の認証申請

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

トヨタAI子会社、米に自動運転テスト施設 10月稼働
日本経済新聞 電子版

 トヨタ自動車の人工知能(AI)開発子会社は4日、米ミシガン州で自動運転開発向けのテスト施設を10月に稼働すると発表した。同州にある既存のテストコースのなかで新たに約24万平方メートルの土地を活用し、トヨ

協働ロボ需要拡大 大手ユニバーサルロボットと日系メーカーの動向
日刊工業新聞 電子版

労働力不足などの課題解決で注目される協働ロボット。協働ロボットで6割のシェアを持つとされるデンマークのユニバーサルロボットは基盤(プラットフォーム)事業に力を入れている。同社の協働ロボットを基盤

【電子版】テスラ、中国ギガファクトリーを今夏にも発表 電池工場併設か
日刊工業新聞 電子版

 米テスラは7-9月(第3四半期)にも中国での工場建設地を発表する計画だ。世界最大の電気自動車(EV)市場で、バッテリーとクロスオーバー「モデルY」など自動車の生産に向けて動く。

テスラ、「モデルY」の投入先送り 2020年以降に
This Morning With Gordon Deal

 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に言わせれば、セダン「モデル3」の製造は「地獄」だったが、将来的に導入するスポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルY」では「生産革命」

工業利益が2けた成長を維持 1~3月
経済

国家統計局がこのほど発表した工業企業の財務データによると、2018年1~3月には、全国の一定規模以上の工業企業(年売上高2000万元以上の企業)の利益が前年同期比11.

「EV電池」争奪戦前夜、最大手パナも正念場
日本経済新聞 電子版

 中国で数年内に始まると確実視されるのが、電気自動車(EV)電池市場の争奪戦だ。中国政府の政策変更で日本勢が苦しんできた中国勢優位のハンディは解消に向かう。野心的な中国メーカーの追い上げを許すまいと

2017年度通期の建機出荷額は、輸出が全地域増加で17.6%増も、国内向けは0.3%減
建機にまつわるニュース

日本建設機械工業会が2018年4月27日に、2017年度の建設機械出荷金額統計を発表していました[1]。

壁全体をタッチスクリーンのようなセンサーにしてしまう研究「Wall++」
ギズモード・ジャパン

建物には必ずといって良いほど壁があります。その壁は部屋を区切るとか、内部に電線を這わせるくらいしか役目がないのが現状。でもただ立たせておくだけだなんてモッタイナイ!

【2018年版】イスラエル発注目スタートアップ・8選
Be a Strong Woman

こんにちは!イスラエル・スタートアップ大好きっ子心美です。今日は、イスラエルのイノベーションに特化したニュースサイト「nocamels」が建国70周年を記念して、今を時めくイノベーターたちを報じました。

10.3型電子ペーパーディスプレイのAndroidタブレット「BOOX NOTE」国内発売
ケータイ Watch

 SKTは、ONYX INTERNATIONAL(オニキスインターナショナル)製の、10.3インチの電子ペーパーディスプレイ(E Inkパネル)を搭載するAndroidタブレット「BOOX NOTE」を5月前半にAmazon.co.

さいたま市、先端製造業の認証申請 31日まで受け付け
日刊工業新聞 電子版

【コネクテッド インダストリーズ vol.1】スマート工場は日本のお家芸 日本の新しい産業革命「コネクテッドインダストリーズ」って何?

神奈川県、「がんばる企業」募集 業績評価で中小の成長促進
日刊工業新聞 電子版

神奈川県内の中小企業を元気に―。県は、優良中小企業を認定・PRする「がんばる中小企業発信事業」の2018年度対象企業の募集を始めた。認定は「神奈川がんばる企業」… 【コネクテッド インダストリーズ vol.

航空機展示4施設、中部地方に相次ぎオープン 目の前に機体ずらり
日刊工業新聞 電子版

航空機産業が集積する中部地方で、航空機をテーマにした展示施設が充実してきた。三菱航空機(愛知県豊山町)が開発中の国産小型ジェット旅客機「MRJ」など、中部地方にゆかりのある航空機を題材にした施設の開

水素サプライチェーン本格化 日本の技術、世界をけん引
日刊工業新聞 電子版

1次エネルギーの9割超を海外の化石燃料に依存する日本。エネルギー安全保障の確保と温室効果ガス排出削減を両立する有力な資源として注目を集めるのが水素だ。日本は燃料電池自動車(FCV)などの技術で世

物流と一体化した自動化工場、アイリスオーヤマの関東戦略工場が始動 (1/2)
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 生活用品製造卸のアイリスオーヤマ(仙台市)が、茨城県阿見町に2017年春から建設を進めていた国内9カ所目となる「つくば工場」が完成し、本格稼働した。同工場の新設により、家電事業・B2B事業の拡大を目指し、LED

米アマゾン:ボストンの技術センター拡張、2000人を新規雇用へ
NewsPicks Blog

NewsPicks編集部が制作する 記事コンテンツが 全て閲覧できるようになります。

四川、重大プロジェクト474件が着工
政策・市況ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 四川省でこのほど、474件の重大工業プロジェクトが一斉に着工した。投資総額は1706億元(約2兆9460億円)で、このうち今年の投資額は608億元。プロジェクトの内訳は、電子情報関連74件、設備製

【ダイソン創業者】「リーン・エンジニアリング」こそが新発明を生み出す
NewsPicks Blog

NewsPicks編集部が制作する 記事コンテンツが 全て閲覧できるようになります。

ロボット普及の壁になっているのは何か、体験・教育施設を栃木に開設
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 FA プロダクツと、オフィス エフエイ・コム(以下、オフィスFAコム)、ロボコムの3社は、共同で複数メーカーのロボットシステムとIoT(モノのインターネット)を組み合わせた常設展示場「Smart Factory Conductor LABO(略称

2023年度にグローバルの生産販売を200万台に、マツダが投資を拡大
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 マツダは2018年4月27日、東京都内で会見を開き、2018年3月期(2017年度)の連結決算を発表した。  売上高は前年比8.1%増の3兆4740億円、営業利益は同16.5%増の1464億円、当期純利益は同19.

国防省、自動車を遠方から停止させるマイクロウェーブ兵器を開発中――自動車テロの抑制に期待
TechCrunch Japan

自動車がテロに使われる例は増え続けている。しかしアメリカ国防省が開発している自動車その他のエンジンをリモートで停止させるテクノロジーが実用化されれば多くの人命が救われることになるかもしれない。ペンタゴ

レポート:中国のスマホ出荷21%減、2013年以来最低水準に
TechCrunch Japan

かねてからアナリストたちは中国のスマホ市場の成長に警戒感を示していた。それが、とうとう現実のものとなったようだ。

5nmと7nm EUVプロセスで、TSMCの認証をSynopsysの設計用EDAが取得
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

この記事は日経 xTECH有料会員限定ですが、2018年5月8日18時まではどなたでもご覧いただけます。

18年Q1の半導体世界売上高、前年比20%増も勢いは鈍り気味
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

この記事は日経 xTECH登録会員限定ですが、2018年5月2日15時まではどなたでもご覧いただけます。

【携帯】 「Galaxy S9」、発売1カ月で800万台 初年4500万台見通し Canalys調査
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!
KAIST、VR/ARで平面ウィンドウを指でつまんで3D操作するインターフェース「Projective Windows」発表
Seamless

KAIST(Korea Advanced Institute of Science & Technology)の研究者らは、VR/ARにおける3Dワークスペースのインターフェース「Projective Windows」を発表しました。 論文:Projective Windows: Bringing Windows in Space to the Fingertip 著者:Joon Hyub Lee, Sang-

次世代新幹線車に搭載された新技術、まるっと早わかり
ニュースイッチ

 JR東海の東海道新幹線次世代車両「N700S」確認試験車が3月20日から走行試験を始めた。2020年の営業車両投入を目指し、搭載する新技術の最終確認を進める。最高の新幹線車両という意味「Suprem

総務省、IoT活用事業募集 地域の成功例を全国展開
日刊工業新聞 電子版

【コネクテッド インダストリーズ vol.1】スマート工場は日本のお家芸 日本の新しい産業革命「コネクテッドインダストリーズ」って何?

防衛省、無人機研究を推進 コンピューター設計活用
日刊工業新聞 電子版

防衛省は無人機の研究を進める。コンピューター画面上で機体を設計するデジタルモックアップ技術を活用し、偵察機や戦闘機などさまざまな機種を念頭に複数の機体をシミュレ… 【コネクテッド インダストリーズ vol.

777減産・MRJ延期…中部の航空機サプライヤー、多角化進める
日刊工業新聞 電子版

中部地方の航空機サプライヤーが多角化を進めている。米ボーイングが次世代大型旅客機「777X」の2020年の運航開始を控え、現行機「777」を減産。三菱航空機(愛知県豊山町)が開発中の国産小型ジェ

米アマゾンの配送センター「ロボット化」部門長に独占取材
ライブドアニュース – Forbes JAPAN

アマゾンで配送センターのロボット化を推進する部門「アマゾンロボティクス(Amazon Robotics)」は、複雑な課題を洗練されたソリューションで解決することを目標にしている。社員らは商品購入から配送までをより迅速に、

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
  2. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  3. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  4. ◆コンサルタントの視点

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  5. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
PAGE TOP