◆コンサルタントの視点

今の事だけ考えていると頭が悪くなる?

今週は久々に土日が休め、子供たちとの時間を取る事ができました。

しかし、8月の日程が土曜日も含めほぼうまり、調整がいろいろ出そうな状況です。新しいクライアントのスタートの月でもあり、気合を入れていきます。

いつもは日曜日が休みなるのですが、それでも子供たちをお風呂に入れた後は一人で喫茶店やマクドナルドなど夜の12時までやっているお店に行きます。そこで12時まで過ごすことが、ここ数年の日課です。

ここでは、仕事に追われ直近をしてしまうこともありますが、できるだけ”これからのこと”を考える時間にしてます。

自分自身のコンサルティング・ビジネスの半年先、1年先にどうなりたいか、何をすべきかを考えていることが多いです。それを具体的に、何を、いつもでに、どのようにを決めています。

これが楽しいですね。

いつも時間軸で近いところだけ見ていると、目が悪くなるとの同じで頭(?)が悪くなる。(かもしれません。)

時には近く、時には遠くを眺める。

 

この物事を考える時のひとつの視点として、3つの視点を入れています。

 

●半年先

●1~2年先

●3年以上先(この場合は、5年だったり、10年のときもあります。)

 

この日曜日の時間を作ることで、正しい方向を見失わず進むことができる考えます。

ぜひ、週に1回は一人で”未来のコト”について考える時間を設けることを強くお勧めします。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

各種ソリューション

各種ソリューション
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
製造業・加工業のWEBマーケティング

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
  2. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  3. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  4. ◆コンサルタントの視点

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  5. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
PAGE TOP