人事労務

20180704 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|労働者1人あたりの平均労働時間

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

世界各国の「労働者1人あたりの平均労働時間」発表、日本の労働者たちはどれくらい働いているのか?
GIGAZINE
スバルの改良エンジン、EGR率30%超えで世界最高水準
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

LG会長に40歳の「誰も知らない」4代目、電撃就任
JBpress(日本ビジネスプレス)

 2018年6月29日、韓国のLGグループの持ち株会社にあたる「LG」は臨時株主総会と理事会(取締役会に相当)を開き、40歳の具光謨(ク・グァンモ=1978年生)LG電子常務を会長に選出した。

シュリンクする時代に成功するマーケターの条件
JBpress(日本ビジネスプレス)

 昨年(2017年)、大好評を博したビッグビート主催のBtoBマーケターの祭典「Bigbeat LIVE」が、今年も8月1日に開催される。今年はBtoBマーケティングの重鎮3名がホストとなり、登壇者を交えたトークセッションが繰り広げ

IHI、「F-35」エンジン専用の工場が稼働
ニュースイッチ Newswitch

 IHIは瑞穂工場(東京都瑞穂町)で建設を進めていた、最新鋭ステルス戦闘機「F―35」に搭載する「F135ターボファンエンジン」の専用工場を稼働したことを明らかにした。同工場は組立工場と試運転場で構成

拡大するパワー半導体市場 - 大口径化でシェア拡大を狙うインフィニオン
ランキング一覧(24時間) | ニコニコニュース

○用途が広がるパワー半導体の世界あらゆるもののデジタル化(デジタライゼーション)が進む現在。その進展を支えるのが半導体、中でも電力のコントロールなどを担うパワー半導体である。そんなパワー半導体分野で長年

Googleスピードアップデート「とても遅いサイトのみが影響を受ける」と改めて発言
SEMリサーチ

昨日、Googleスピードアップデート(モバイルページの読込速度評価に関連するアルゴリズムの更新)についてページ速度の改善が検索順位の改善につながる可能性がある旨の記事(関連記事:Google Speed Update、読込速度改善

軽量化技術の最前線、樹脂より強い接着剤やバッテリー守る発泡材
MONOist 最新記事一覧

 CFRP(炭素繊維強化プラスチック)に代表される樹脂系の素材は、これまで金属部品を代替することで自動車の軽量化に貢献してきた。部品の軽量化は、走る・曲がる・止まるという機能の全てと大きな関連がある。また

絶好調「建機レンタル業界」に迫る寡占化の波
東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ある建設機械レンタル業者の社内会議では「今稼がないで、いつ稼ぐ!」「もっと機械を投入すべきだ」と勢いのあるせりふが日夜飛び交っている。

建機生産7%増 コマツ粟津工場 今年度、国内外で需要好調
日本経済新聞

 コマツ粟津工場(石川県小松市)は29日、2018年度の建設機械の生産台数が1万4500台と昨年度比で7%増えるとの見通しを明らかにした。プラスは2年連続。売上高は4%増の2140億円と過去最高を見込む。20年の東京五輪

金型メーカー工場で機械設備の稼働状況の見える化する実証実験
MONOist 最新記事一覧

 西菱電機は2018年6月13日、総合金型メーカーのゼノー・テックと、機械設備の稼働状況の見える化に関する実証実験を実施したと発表した。IoT(モノのインターネット)を活用した生産性向上検証のために実施したものだ

米半導体大手Micronに対し、中国裁判所が販売差し止めの仮命令
ITmedia NEWS 最新記事一覧

 中国福建省福州の中級人民法院(裁判所)が米半導体大手Micron Technologyの中国での製品販売に一時差し止め命令を出した。Micronの中国子会社を特許侵害で提訴していた同業の台湾UMCが7月3日(現地時間)に発表した。

急拡大!2030年のLiDAR市場、現在の200倍に 5000億円規模、自動運転車普及で
自動運転ラボ

調査会社の株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区/代表取締役社長:水越孝)は7月3日までに、自動運転用センサーや先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模(出荷額ベース)の予測について報道発表を行っ

中国地方政府がFCV普及策
Nature Nanotechnology

2018/07/02(月曜日)13:58(日本時間)更新 アジア経済ニュース 中国-全国 車両 【上海共同=木梨孝亮】中国の地方政府が、二酸化炭素(CO2)を出さず水素と酸素を化学反応させた電気で走行し

メルセデスのプラグイン燃料電池車、商用車に拡大展開…航続最大500km
レスポンス

メルセデスベンツは7月2日、燃料電池コンセプトカー、『コンセプト・スプリンターF-CELL』を発表した。

部品加工効率3割向上 滝沢鉄工所が新型旋盤 装置内の素材搬送方法を改良
日本経済新聞

 中堅工作機械メーカーの滝沢鉄工所は、精密切削用のNC旋盤で作業効率を3割向上させた新型機を開発した。素材を装置内で搬送するガントリーローダーの動き方を改良し、素材の交換(ローディング)にかかる時間

中国、ついに殺人レーザー光線銃の開発に成功。撃たれた皮膚は瞬時に炭化!
ギズモード・ジャパン

銃は無音で光線は不可視。知らぬ間に消し炭にされてしまいます。 中国がスペース・デブリ除去に「レーザー」を提案していますが、もしかしたら彼らは、その技術を地上でも利用しようとしているのかもしれません。

スバル、民間ヘリ再参入 米ベルと世界開拓へ
日刊工業新聞 電子版

SUBARU(スバル)は、米ベル・ヘリコプター・テキストロンと国際共同開発を進めている民間機「412EPI発展型機」の受注に近く乗り出す。陸上自衛隊向けの新型多用途ヘリコプター「UH―X」の民間

日本電産、20億円で伊モーター会社買収 欧州市場を開拓
日刊工業新聞 電子版

【京都】日本電産は3日、産業用モーターの製造・販売を手がけるイタリアのチーマ(ヴィチェンツァ県)を買収したと発表した。2日付で創業家一族から全株式を取得した。買収額は非公表だが、20億円程

CFRP成形、加熱時間5分の1に 中部電などが装置開発
日刊工業新聞 電子版

【名古屋】中部電力は3日、プレス成形向け薄板炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の急速加熱装置「CF―1=写真」を、メトロ電気工業(愛知県安城市)、佐藤鉄工所(名古屋市港区)と共同開発したと発表

スズキ、アルジェリアで小型車生産 5年後に年10万台
日刊工業新聞 電子版

スズキがアルジェリアで4輪車生産に乗り出したことが明らかになった。同社がアフリカで乗用車を本格生産するのは初めて。現地企業と合弁で組立工場を立ち上げ、当初は「ア…

米中貿易戦争 (米国は長年の信頼関係を裏切った)と感じる中国は戦い方を間違っている
Market Hack

7月6日に米国が通商法301条を発動し中国からの輸入340億ドル分に対し25%の関税をかけることがほぼ不可避となっています。中国もこれに対し直ぐ報復措置をとると言っています。

中国が裏で画策か? 狙われる台湾半導体企業
This Morning With Gordon Deal

 【新竹市(台湾)】半導体受託製造の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)のエンジニアは2016年の終わりごろ、1本の電話を受けた。電話の相手は中国の競合他社で、携帯電話やゲーム機向けの半導体に携わるチー

 

 

勉強会のご案内はこちら>>

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  2. ◆コンサルタントの視点

    会社(組織)のエンゲージメント力(絆)を上げよう
  3. https://inouemasashi.com/mot/%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD%E3%81%A7%E3%81%AEhololens%EF%BC%88ar%E3%80%81mr%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E5%8B%95%E5%90%91%E3%81%AE%E6%8A%8A%E6%8F%A1%E3%81%A8%E6%B4%BB%E7%94%A8%E7%A0%94/

    AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向の把握と活用研究①
  4. ◆コンサルタントの視点

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  5. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
PAGE TOP