ロボット工学・ロボティクス

ファナック(株)とロボット活用の講演開催

製造業コンサルタントの井上です。

11月16日にファナック(株)の滝澤技師長様とロボットシステムインテグレーターの(株)ヤナギハラメカックスの柳原社長様とセミナーを開催致しました。

ファナック様は「ファナックロボットの最新技術と製造業におけるロボット活用の現状」について講演をして頂きました。

内容は、さすがファナックさんという感じです。

ファナックの工場には3500台のロボットが稼働しており、製品のほぼすべてをロボットが加工・組立をしています。

現状、一部、柔らかいものを組みつけたりする工程は自動化にはなっていない。技術的にはできるが、あとは工場に導入してペイするかどうかの判断で、まだであるということでしょう。

ファナックの工場を見た方は少ないと思いますが、先ほど書きましたがロボットだらけ。。。。未来です。

ただ、20年とかそれ以上時が経ったときには、間違いなく

「昔は、モノを人が作っていた時代があったんだ」

と思う時が来るはずです。すべてでないにしろ。

ファナックの工場は壮大ですね。黄色のロボットが一生懸命働いてます。

ビジョンセンサや力センサが使われ、知能化が進んでいますね。ロボットが画像でワークをロボットが判断して、搬送したりします。

東大の松尾教授が言われている「機械に眼がつく」、今後はカンブリア爆発がロボットの分野で起こることを実感します。

 

ただ、ロボットは凄いのですが、万能ではありません。特に、モノを掴むことに関して。

ロボット導入でネックになるのは、導入コストもそうですが、ワークが掴めるかどうか重要になります。

掴めなかったら、運べないですから。

この辺りを食品のロボット化に強い(株)ヤナギハラメカックスの柳原社長がお伝えしておりました。

インテグレーターとロボットを導入するクライアントとの共同作業がロボット導入であると。

ロボットが出来ること、出来ない事がありますので、この辺りしっかり打合せしないと、ロボット導入は失敗に終わります。

まずはワークテストをすることが重要であると。

ヤナギハラメカックス様のインテグレーター補助金で「ロボティクス支援センター」を立ち上げれれてます。

ロボット導入の際には、相談することをおすすめします。

 

最後に、これから国も生産性向上を推進してきます。何が何でも直ぐにロボット化、または自動化をしていくと失敗に終わることがあります。理由は、自分たちの業務や工程がしっかり考えられているかどうか。一度、自動化してしまうと現状では、その工程を変えることは難しくなります。

今の仕事の見直し、改善活動を行い、その後にロボット化、自動化に取り組むことを強くお勧めします。

 

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

各種ソリューション

各種ソリューション
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
製造業・加工業のWEBマーケティング
  1. 気になるNews

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  2. AR(拡張現実)MR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
  3. コンサルタントの視点

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  4. 産業財コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  5. https://inouemasashi.com/mot/%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD%E3%81%A7%E3%81%AEhololens%EF%BC%88ar%E3%80%81mr%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E5%8B%95%E5%90%91%E3%81%AE%E6%8A%8A%E6%8F%A1%E3%81%A8%E6%B4%BB%E7%94%A8%E7%A0%94/

    技術経営(MOT)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向の把握と活用研究①
PAGE TOP