◆コンサルタントの視点

ファナックが協働ロボットの「ライフロボティクス」をM&Aした意味を考える

製造業コンサルタントの井上です。

ファナックの変革がすごいですね。(以前の記事)

「ファナックの変革がすごい」

 

 

 

あんまり関係ないですね。(すみません。)

それでは真面目にいきます。

今回、ファナックが協働ロボット「CORO」の「ライフロボティクス」をM&Aをして、子会社化をしたようです。

この狙いは何かは記事には

ファナックはロボットの多様化等の可能性を追求するため、このような技術を持つ同社の株式を取得し、子会社化することとしたと背景を説明した。

と書いてありましt。

ロボットの多様性とは?とややわかりづらいのですが、井上が思うに以前にもブログで書きましたが、ロボットの在り方として高性能の多関節ロボットだけだと、いろいろできますがコストが高くなり、用途によっては使われない。

だから、特に産業用ロボットは、用途別の単機能型ロボットも増えていくと考えてます。

(以前の記事 「産業用ロボットの開発の方向性。より限定用途で!」


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
  2. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  3. AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
  4. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  5. ◆コンサルタントの視点

    会社(組織)のエンゲージメント力(絆)を上げよう
PAGE TOP