製造業 経営コンサルタント

02 自動車業界

トヨタの燃料電池車(FCV)の価格が約700万円で革新的!

トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)の価格がある程度明確になってきました。約700万円前後だそうです。

燃料電池車(FCV)のライフサイクルは、まさに導入期の前半。ハイブリット車で言えば、15年以上前と同じ状況です。それ700万円はかなり頑張っている。燃料電池車(FCV)が量産されてくれば、量産効果によるコストダウンが、かなり進むので思い切った価格を出してきている。またテスラ等の競合を意識もしている。

まだ、水素ステーションなど課題はあるが、トヨタ自動車は本気モードですね。

地域、ニーズに応じて、今までとおりの内燃機関、ハイブリット、燃料電池車(FCV)をライナップをしてフルライン戦略ってところでしょうか。電気自動車への展開はどうするのかも見ていきたいと思います。

 

トヨタ燃料電池車「手の届く価格になった」 課題は水素ステーション

トヨタ自動車は25日、次世代エコカーの本命とされる燃料電池車(FCV)を700万円程度で今年度内に発売すると発表した。課題だったコスト削減のめどが立ったため、販売に踏み切る。自動車各社のFCVの販売はこれまで官公庁向けリースなどに限られていた。今回のトヨタの市場投入は一般向けで、世界の大手自動車メーカーで初めてとなる公算が大きい。FCVをめぐっては、ホンダも来年中に700万~800万円で発売する予定だ。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. https://inouemasashi.com/mot/%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD%E3%81%A7%E3%81%AEhololens%EF%BC%88ar%E3%80%81mr%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E5%8B%95%E5%90%91%E3%81%AE%E6%8A%8A%E6%8F%A1%E3%81%A8%E6%B4%BB%E7%94%A8%E7%A0%94/

    AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向の把握と活用研究①
  2. ◆コンサルタントの視点

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  3. 00 半導体業界

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  4. AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
  5. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
PAGE TOP