クカ社のLBR iiwa(http://www.kuka-labs.com/より)

◆コンサルタントの視点

コー・ロボットという新しい産業用ロボット分野(協調ロボット)

今年は、アベノミクスの成長戦略でさまざまな産業振興が行われようとしている。

そのなか「ロボット産業」もそのひとつである。

ただメインはサービス産業向けだといわれつつ、産業用ははやり国内でなく海外、とりわけ中国での活用が広がるので、国内はとも言われている。

まだ協調ロボットについて、知られていない。協調ロボット = コー・ロボットとも言われる。

メーカーでは、デンマークのユニバーサル・ロボッツ社、アメリカのリシンク・ロボティクス社、日本のカワダ・ロボティクス社、クカ社などがある。

新たなカテゴリーのロボットが増えてきそうである。より生産性が高まっていくことが期待される。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  2. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  3. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  4. ◆コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  5. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
PAGE TOP