景気・市場・産業動向

アメリカの2015年12月月の製造業景況が48.2に低下をどうとらえるか?

アメリカの製造業総合景況指数は48・2と低下し、2009年6月以来の低水準となった。

2009年6月というとリーマンショック後約7~8か月で、少しずつ景気が悪い中でも立ち上がりつつある時期になる。

この指標をどうとらえるか?

やや経済的よりも、他の情勢が大きく影響してきている。

中東の問題、米露の関係、中国、北朝鮮もろもろ。。。。。

国内の産業の景気動向は、国際情勢によって左右される時代になっている。

先読みすることは難しいが、先を読む訓練は常にしていかなければいけない。

産業財は派生産業なので、産業別の市場動向に注力していかないといけない。

 

 

米国の製造業活動は2015年12月、ここ6年余りで最も速いペースで縮小した。米供給管理協会(ISM)が4日発表した12月の製造業総合景況指数は48・2と、前月の48・6から低下し、09年6月以来の低水準となった。同指数では50が活動の拡大と縮小の境目を示す。(ブルームバーグ)


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

各種ソリューション

各種ソリューション
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
製造業・加工業のWEBマーケティング
  1. 産業財コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  2. 表面処理加工業

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  3. 技術経営(MOT)

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
  4. AR(拡張現実)MR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
  5. コー・ロボット(協調ロボット)

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
PAGE TOP