◆コンサルティング

20180228 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|ものづくり補助金の募集開始

製造業コンサルタントの井上です。

今日のトピックスもお送ります。

中国IT大手アリババ、実店舗を拡大 ネットと食品スーパー融合、在庫管理にビッグデータ
SankeiBiz:社会ニュース

 中国の電子商取引(EC)最大手、アリババグループが食品スーパーの店舗網を急拡大させている。ITを駆使し、新鮮な食材を消費者に素早く届ける仕組みを構築。インターネットと実店舗を融合し、小売業界全体で

コネクテッドカー(乗用車)、2035年に1億台超
EE Times Japan 最新記事一覧

 富士経済は2018年2月、コネクテッドカー(乗用車)とそれに関連する世界市場を調査し、その結果を発表した。予測によると2035年には、世界で販売される新車のうち、96.3%がコネクテッドカーになる見通しだ

物流ビジネスが変わ?? : ドローンのビジネス領域拡大と法規制改革
ZDNet Japan 最新情報 総合

 調査会社のIDC Japanは2018年2月15日、「国内商用ロボティクス市場 ソリューションタイプ別予測」を発表した。

新川、パイオニア子会社のパイオニアFAを買収
M&A ニュース速報 | M&A タイムス

半導体製造装置の製造販売等を行う新川【6274】は、パイオニア【6773】の子会社である製造装置関連事業などを行うパイオニアFAの全株式を取得し、連結子会社化すると発表した。 取得価額は21億円。

TDK、米超音波センサーメーカーChirpを買収
EE Times Japan 最新記事一覧
未来産業社会/次世代サプライチェーン(7)ロボットの将来 AIと融合、自ら進化
日刊工業新聞 電子版

自律移動型ロボットの世界的な競技会「ロボカップ」。2050年に人型ロボットでサッカーのワールドカップ優勝チームに勝つことが目標だ。ある研究者… 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいトンネルの本

早大、ITO透明電極をフレキシブル化
日刊工業新聞 電子版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいトンネルの本 「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

2018予算/埼玉県、AIやロボ活用生産性向上に1.2億円
日刊工業新聞 電子版

【さいたま】埼玉県は、スマート社会への転換として人工知能(AI)やロボットなどの活用による生産性向上を図る。2018年度当初予算にAIなどを活用した県内企業支援…

企業庁、ものづくり補助金の募集開始 企業間データ活用型追加
日刊工業新聞 電子版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいトンネルの本 「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

IVI、製造業のIoT導入に羅針盤 参照モデルを刷新
日刊工業新聞 電子版

[ ICT ] IVI IoT 第4次産業革命 インダストリー4・0 IVI、製造業のIoT導入に羅針盤 参照モデルを刷新 インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI、西岡靖之理事長=

1月の建機出荷、15%増の2036億円 輸出大幅伸びる
日刊工業新聞 電子版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいトンネルの本 「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

各種ソリューション

各種ソリューション
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
製造業・加工業のWEBマーケティング

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  2. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  3. ◆コンサルタントの視点

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  4. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  5. AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
PAGE TOP