製造業・部品加工業・メーカーの経営戦略・WEBマーケティング・賃金評価制度など下請け型企業に強い専門コンサルタント(船井総合研究所)

船井総研の製造業 経営コンサルタント実績No.1のブロク。下請け型企業の受託製造業・部品加工業(切削・板金加工等)、装置設計製作、ロボットシステムインテグレータ(SIer)などやメーカーに強いコンサルタント。社長不在でも現場が強くなるコンサルティング(船井総合研究所)

「工作機械業界」の記事一覧

【統計】工作機械受注高2016年10月<グラフで見るシリーズ>

日本工作機械工業会は定例会見で、8月に1兆3000億円へ下方修正した2016年の工作機械受注見通しについて、「現状では見通しの達成には厳しい状況にある」と述べた。1~9月累計の受注額が前年同期比19.0%減の9363億円 […]

怪しい動き 工作機械受注高(2016年7月)

どうも工作機械受注高の動きが怪しい。8月も見てみないと何とも言えないが、もの創り補助金が徐々に反映されるはずの7月。 国内は少し伸びましたが、あくまで ”やや”伸びた程度。 外需の動きは怪しいですね。少し警戒が必要かもし […]

第20回機械要素技術展を見てきた

今日は、午前中2時間程度、機械要素技術展に行ってきました。 クライアントが、5~6社出展しているので、ブースを回るだけで時間が終わってしまう。。。 しかし、機械要素展はワクワクしますね。 毎年、丸1日かけて見るべきですね […]
製造業 経営コンサルタント

平成28年度ものづくり補助金等

補正予算が決まります。ものづくり補助金も今年度と同等でるみたいです。 お金と場所がある企業は準備をしていきましょう。 いずれにしても中堅企業以上に有利な制度ですね。 (日刊工業新聞 電子版より)

工作機械の需要が回復基調継続

明けまして、おめでとうございます。 今年の経済的な見通しは、設備関連は順調推移すると考えられます。 日刊工業新聞で、オークマの会長が 「内需の拡大は長期トレンドになる」―。今からおよそ1年ほど前、13年末に日本工作機械工 […]

9月の工作機械受注高、リーマンショック後最高額に

日本工作機械工業会(日工会)が発表した9月の工作機械受注実績(速報値)は、前年同月比34・8%増の1357億2900万円となり、12カ月連続でプラスとなった。全体額は2008年5月以来となる、5年4カ月ぶりに1300億円 […]

工作機械受注統計 2014年8月 速報

工作機械受注統計の8月速報が発表されました。 8月工作機械受注額(速報値)は、前年比35.6%増の1282億1600万円となった。前月比では0.3%増だった。内需は前年比18.7%増(前月比1.8%減)の419億9900 […]

機械受注高5月19.5%減だが、工作機械は5月6月とも1200億円超の受注高を維持

10日に発表になった「機械受注統計」の5月実績ですが、民間設備投資の先行指標とされる「船舶・電力除く民需」の受注額(季節調整値)は前月比19.5%減の6853億円だった。減少は2カ月連続で、マイナス幅は統計を遡ることがで […]

会社の未来が見える方程式

毎日、産業財分野のコンサルティングを行っています。今日も、ある装置のセットメーカーへ行っていました。   コンサルタントなので、現状ある課題やテーマに対する取り組みも重要です。それ以上に、3~5年後の、その会社 […]
製造業 経営コンサルタント

機械受注統計 2014年4月実績 

増税後の4月の機械受注統計がでました。少し集計方法が変わったみたいです。 平成23年4月調査より、需要者分類等が一部変更となりました。(機械受注統計調査は携帯電話を含まない調査に変わりました。) 今回、全体の機械受注高が […]
製造業 経営コンサルタント

2014年5月分 工作機械受注統計

工作機械受注統計の2014年5月分が、発表されました。外需がやや下がりましたが、内需が増えた分、いまだ高い水準を保っています。8ヶ月連続のプラスです。新ものづくり補助金の効果は6月から本格化するので、次月も受注は増えてい […]