◆コンサルタントの視点

  1. 怪しい動き 工作機械受注高(2016年7月)

    どうも工作機械受注高の動きが怪しい。8月も見てみないと何とも言えないが、もの創り補助金が徐々に反映されるはずの7月。国内は少し伸びましたが、あくまで ”…

  2. Webマッチング「ジェグテック」など中小企業基盤整備機構を活用しよう

    最近、展示会やマッチングなど盛んに行われています。発注側である大手製造業と受注側である中小企業の情報非対称性があり、なかなかマッチングが上手くいっていま…

  3. ロボットシステムインテグレ―セミナー報告。オフラインティーチングのオクトパスが凄い!

    第2回目になる「ロボットシステムインテグレーターセミナー」を開催しました。今回のゲストは、JBMの中村顧問にオフラインチーチング&シュミレーショ…

  4. 今後のロボット市場が14兆円以上!!

    ロンドンの英IDTechExの「ロボティクス2016-2026」という調査報告書によれば、10年後の2026年にロボットの世界の市場規模が1230億ドル(約14…

  5. トヨタが一線を越えた?-自動運転ー

    先日の「オートモーティブワールド」は、かなり盛況でしたね。自動運転技術目白押し。実現は確実で、いつかという段階に入ってますね。その関連で日経ビジ…

  6. 機械受注統計2015年11月。バラツキが気になるところ。

    2015年11月機械受注統計が発表された。最近感じるのは、11月?少し参考になりづらい感じです。要は、今後を見ていく上に、現状の動向を把握する上では少し…

  7. 実は、自動運転関連の特許はトヨタがダントツ

    トヨタは現在、1,400件の特許を取得しているそうだ。これは、他の自動車メーカーやIT企業の2倍にあたるというレポートが発表された。特許があるか…

  8. CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い

    CES2016(世界最大家電市)では、家電が中心に(最近はスマートフォン)なるのですが、今年からは次世代自動車の話題が多いと感じます。排ガス不正問題があ…

  9. アメリカの2015年12月月の製造業景況が48.2に低下をどうとらえるか?

    アメリカの製造業総合景況指数は48・2と低下し、2009年6月以来の低水準となった。2009年6月というとリーマンショック後約7~8か月で、少しずつ景気…

  10. 手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。

    成長産業である「医療機器」と「ロボット産業」は、実はかなり関係性が強い業界です。手術支援ロボットはじめ、自動化までいかないまでも機械が進む分野です。…

  11. OLEDもついにここまで来た。これがプリンタブルエレクトロニクス!LG Display、18インチの…

    プリンタブルエレクトロニクスの世界が現実的になってきた。有機EL(OLED)がここまで液晶との戦いで、今まで研究が続いていた理由がここにある。最…

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  2. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  3. 00 半導体業界

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  4. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  5. ◆コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
PAGE TOP