製造業経営コンサルタントの井上です。

最近、読書をするという概念が変わってきた。

要は、学ぶ方法が変わってきた。

本を読むことだけでなく、例えば、オーディオブックで学ぶ、セミナーなどが動画で学、インターネットで調べて学ぶなど様々な手法があり、手軽に即、学ぶことが可能な環境になってきた。

本を読むという方法やタイミングも変わってきた。

私は直ぐに読まなくてはいけない本というよりは、今後必要となる知識を得るために本を読むときは、ジョギングしながらキンドルで聞くことにしている。通勤途中の歩きながらでもする場合があります。

キンドルで聞く?

と思った方もいると思いますが、iphoneでキンドルを音声読み上げ機能を使って行うことができます。androidでも出来ますが、やり難いのでiphoneが良いです。

運動しながら、学ぶということは一石二鳥で効率的で良いので、ぜひ実践してみて下さい。

私は出来る限り本はキンドルで読むようにしてます。理由は、持ち運びが簡単ということもありますが、大きな理由がもう一つあります。

それはキンドルでハイライトを付けると後でWEBでハイライトの部分だけ抜き出されて確認できるという機能をあるからです。まとめる必要がある場合は、コピペで簡単にすますことができる。

かなり便利なので、一度確認実践して見て下さい。

読書 = 学ぶ

学ぶ手法が、テクノロジーでアップデートされて、いつでもどこでも学ぶことができます。

何を学んだら良いか?

何の本を読んだらよいか?

と聞く方がいますが、まずググったら?と思います。

人に聞く前に、自分で手を動かせということです。簡単です。意識の問題です。

「 何を? 」  という質問ではなく、「 ●●の▲▲が課題なのですが、①と②どちらだと思いますか?」

具体的に質問になるはずです。少し脱線しました。

最近感じているのは、まとめると、

ビジネスを行っていれば課題にぶつかるだから“読書=学ぶ”必要がでてくる。
手を動かし行動しているから“読書=学ぶ”が必要になるのであって、読書ありきではない。
常に”学ぶ”必要に駆られていない状態は、時代の流れから遅れている証拠です。

何をすべきか、何をしたいかを決めるのは人間にしかできません。

意思をもって、積極的な姿勢で、ビジネスを楽しみましょう。

ソリューション

ものづうり企業経営力32の視点
製造業ものづくり企業WEBマーケティング
製造業ものづくり企業 賃金評価制度
産業用ロボット導入自動化コンサルティング
技能技術伝承コンサルティング

ものづくり企業工場見学型勉強会

【よく読まれている記事】 戦略

中小の金属加工業の今後、未来とは?
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
下請け製造業の活きる道・戦略
デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

トヨタイムズ 「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020 第2回 」 (社長コメント全文書き起こし) から学ぶ
トヨタの組織変革のリアル
トヨタ、副社長職を廃止 役員階層減らしから見る 組織について考察
トヨタが頭を悩ませているのは「変わろうとしない」社員の存在。〜世代間ギャップは「現代病」〜
「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」
組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
会社を変化・変革させるには、今より1割の社員が動き出せば全社が動く。
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
今後の製造業は 生産技術と教育を 「ブラックボックス化」 することが重要

【よく読まれている記事】 その他

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧