製造業・部品加工業・ロボットSIer・メーカー 専門コンサルタント(井上雅史)のブログ
【製造業コンサルタントの視点】

重要だが、やらないこと「スキルアップ」

製造業経営コンサルタントの井上です。

 

中小製造業の特に受託製造業、加工業は、自社製品がないので受け仕事であるので、日常の活動が自社の商品であると常々伝えております。

言い変えれば、自社が提供する価値です。

メーカーの場合は、開発力が重要になります。前提として、受託製造業・加工業同様に現場力が重要です。

受託製造業の「商品力」の中に、当然技術力も入ってます。

詳しくはこちらへ、

中小製造業が会社を強くしていくには、攻めと守りがあります。

今回は、守りについてです。(これが攻めるために重要な要素にもなります。)

 

受託製造業・加工業の「商品力」を見て頂いたと思いますが、マネジメントの部分がいいですが、技術力も当然あります。

その技術力が良い悪いとあるのですが、その前提条件の従業員のスキル(力量)が非常に重要です。

 

当たり前ですが、70~80名規模以下の会社では、スキルマップ(力量)が真剣に考えられており、明確になっている会社は少ないのではないのでしょうか?

 

私も、ISOを取得し運営している会社はありますが、やらなければいけないからやってますという会社がほとんどです。これが現実です。

大手企業は、スキルも明確になっており、教育もされて、多能工も進み、更に機械の自動化も進み、システム化も進んでいます。

 

中小製造業は?

 

スキルアップがやらなければいけない理由が、単位が「個人」だからです。

もう少し分かりやすく言うと、マネジメントは組織で行うことなので、10人のうち2人が優秀ならなんとかなる場合があります。

スキルアップは、個人個人の能力を上げる必要があります。会社として、あらゆる教育する「場」や「ツール」などを用意できれば良いのですが、意識が高くない会社では「OJT」という名の放置です。

 

個々人のもともとの能力が低い場合、最悪、人材を募集しないといけない事態になります。また時間がかかってしまいます。

 

「マナジメント」は組織で動くので、一部の優秀なメンバーを中心に進歩ができ改善し易いですが、個人の能力アップである「スキル(力量)」は時間がかかります。

 

多能工化するにも、上司の仕事を部下に振っていくときでも、結局、他のメンバーのスキルが低いために、新しいやり方、体制を作り辛くなります。そして、今まで通りが続いてしまいます。

 

ぜひ、最終ネックになりやすい「スキルアップ」は、やって損はないことは間違いないので、重要事項として常に取り組んでいきまましょう。

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。
RELATED POST
製造業 経営コンサルタント 【製造業コンサルタントの視点】

よく遭遇する、こんな方針管理はイヤダ

2014/01/24
製造業・部品加工業・メーカー専門コンサルタント|経営戦略・WEBマーケティング・賃金評価制度など下請け型企業に強い(船井総合研究所)
よくお付き合いしたてのご支援先で必ず確認するのが、方針です。 何を目指し、今年、具体的に何をするのかを簡潔にまとめたモノが方針です。 部門、役職において、やるべきことを …
コンサルティング現場

アメリカの2015年12月月の製造業景況が48.2に低下をどうとらえるか?

2016/01/08
製造業・部品加工業・メーカー専門コンサルタント|経営戦略・WEBマーケティング・賃金評価制度など下請け型企業に強い(船井総合研究所)
アメリカの製造業総合景況指数は48・2と低下し、2009年6月以来の低水準となった。 2009年6月というとリーマンショック後約7~8 …
工作機械受注統計

工作機械の需要が回復基調継続

2015/01/03
製造業・部品加工業・メーカー専門コンサルタント|経営戦略・WEBマーケティング・賃金評価制度など下請け型企業に強い(船井総合研究所)
明けまして、おめでとうございます。 今年の経済的な見通しは、設備関連は順調推移すると考えられます。 日刊工業新聞で、オークマの会長が 「内需の拡大は長期トレンドになる …