部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
【製造業コンサルティング】

20180508 製造業の経営者が押さえるべきニュース|3DデータのAR/VR活用

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

NEC、良品データの学習のみで不良品を検出するAIを製品化
IoTニュース:IoT NEWS

NEC、良品データの学習のみで不良品を検出するAIを製品化 NECは、画像データを用いた検品業務の効率化などを実現する、NECのAI技術群「NEC the WISE」の1つであるディープラーニング(深層学習)技術を搭載したソ

「自動車未来サミットSpring」、電動化、自動運転はコストの議論へ
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

2018/05/08  電動化や自動運転の本格普及が目前に迫り、部品メーカーでは低コスト化の議論が活発化してきた。2018年4月に開かれた「自動車未来サミットSpring」では、ドイツ・コンチネンタル(Continental)やケーヒ

建設・製造の現場が劇的に変わる 3DデータのAR/VR活用を進めるソリューション「AR CAD Cloud」
Mogura VR » 建設・製造の現場が劇的に変わる 3DデータのAR/VR活用を進めるソリューション「AR CAD Cloud」 のコメントのフィード

VRやAR(拡張現実)などを産業で活用する流れが進んでいます。2017年から2018年にかけて、国内外で多数の大手企業がAR/VRに参入。AR/VRのデバイスも様々な企業から発売されており、活況を見せています。

2022年、VR市場は米国、AR市場は中国が制する
Mogura VR » 2022年、VR市場は米国、AR市場は中国が制する のコメントのフィード

AR/VRやモバイルを中心に投資を行う投資機関「Digi-Capital」から、2017~2022年のグローバルなAR/VR産業の市場予測が発表されました。この市場予測では、今後5年間で、中国がAR/VR産業の支配的な存在になると推定されています

製造現場を自動化するアプリ作成を簡単に、ファナックのFIELD systemが進化
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 ファナックは2018年4月16日、同社の製造業向けのオープンプラットフォーム「FIELD system(FANUC Intelligent Edge Link & Drive system)」の第2版を発表した。従来版に比べ、より容易に製造現場を自動化するアプリケーションを作成

産業用ロボットは業績好調で求人件数が2.5倍に
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 産業用ロボット業界の5月は、3月期決算の企業の業績が出そろう時期。2017年度は半導体、自動車に加えて産業用ロボットが主力の企業も好調でした。

打倒グーグル最右翼 GM無人運転車の実力 巨人の巻き返しなるか、19年量産「クルーズAV」(上)
日本経済新聞 電子版

 米ゼネラル・モーターズ(GM)が2019年に量産する無人運転車「クルーズAV」。自動運転車の開発競争で先頭を走る米グーグルを強く意識した車両だ。IT大手が脚光を浴びる開発競争で、存在感が薄かったGM。クルーズAVは、

車載用モーターの世界市場は2025年に44億個、駆動用は2016年比5.6倍に
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 矢野経済研究所は2018年5月1日、車載用モーターの世界市場の調査結果を発表した。2016年の車載用モーター世界市場は車両生産台数ベースで29億9900万個に到達。2020年に2016年比1.2倍の36億7800万個に、2025年は同1.

【半導体】 鴻海、半導体参入か 12インチウェハー工場2カ所建設も DIGITIMES調査
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!

調査会社DIGITIMES Researchは2018年5月4日付レポートで消息筋の話として、EMS(電子機器受託製造サービス)世界最大手の台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)が、半導体製造に参入、既に半導体に特化した事業群(事

HuaweiCloud、《Huaweiブロックチェーン白書》を発表
深セン経済情報

4月17日、2018年Huaweiアナリスト大会(HAS2018)が行われている期間に、HuaweiCloudのCEOを務めている鄭葉来(Zheng Yelai)氏が《Huaweiブロックチェーン白書》を発表した。本白書では、ブロックチェーンの沿革、コア技術、メカニ

「777」減産に「MRJ」延期…。中部の航空機サプライヤー、需要低迷に腐心
ニュースイッチ

 中部地方の航空機サプライヤーが多角化を進めている。米ボーイングが次世代大型旅客機「777X」の2020年の運航開始を控え、現行機「777」を減産。三菱航空機(愛知県豊山町)が開発中の国産小型ジェット

水素サプライチェーン本格化、日本の技術は世界をけん引できるか
ニュースイッチ

 1次エネルギーの9割超を海外の化石燃料に依存する日本。エネルギー安全保障の確保と温室効果ガス排出削減を両立する有力な資源として注目を集めるのが水素だ。日本は燃料電池自動車(FCV)などの技術で世界最

「圧倒的後発からの脱却を」、DMMとHP、リコーが量産向け3Dプリントでタッグ
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

この記事は日経 xTECH有料会員限定ですが、2018年5月10日10時まではどなたでもご覧いただけます。  日本HPとDMM.

MIT、地図にない田舎道も走れる自動運転システムを開発。GPSにセンサー併用で道すじと路幅を推定
Engadget Japanese RSS Feed

自動運転車の開発は主に大都市圏で行われています。それは路上やその周辺に周囲環境を認識するためのオブジェクト、たとえば標識や道路と歩道の境の縁石、車線といった通行情報が多数配置されているから。しかし、

経営ひと言/日本医工ものづくりコモンズ・柏野聡彦専務理事「対話が大事」
日刊工業新聞 電子版

【コネクテッド インダストリーズ vol.1】スマート工場は日本のお家芸 日本の新しい産業革命「コネクテッドインダストリーズ」って何?

3月の中部工作機械受注、34%増の517億円 12カ月連続プラス
日刊工業新聞 電子版

【コネクテッド インダストリーズ vol.1】スマート工場は日本のお家芸 日本の新しい産業革命「コネクテッドインダストリーズ」って何?

4月の景気DI、0.6ポイント減 建設業の景況感悪化
日刊工業新聞 電子版

帝国データバンクが7日まとめた4月の景気動向調査(全国)によると、景気DIは前月比0・6ポイント減の49・8となり、2カ月ぶりに前月を割り込んだ。公共工事量の落ち込みなどで建設業の景況感が悪化し

アイシンAWの通期見通し、最高更新 欧・中向けAT増販
日刊工業新聞 電子版

【名古屋】アイシン・エィ・ダブリュ(AW)が7日発表した2019年3月期の連結業績予想(国際会計基準)は、売上高、営業利益、税引き前利益、当期利益ともに過去最高… 【コネクテッド インダストリーズ vol.

「MRJ」開発、三菱重工が資本支援検討
日刊工業新聞 電子版

【コネクテッド インダストリーズ vol.1】スマート工場は日本のお家芸 日本の新しい産業革命「コネクテッドインダストリーズ」って何?

ファナック、射出成形機“第2の創業” 170億円投じ3工場新増設
日刊工業新聞 電子版

ファナックは射出成形機や放電加工機の工場を増築し、中国を中心に急増する需要に対応する。コンピューター数値制御(CNC)装置などの工場自動化(FA)機器や産業用ロボットでも生産能力を増強。これで射出成

Levelized Cost of Energy 2017
Lazard.com

As LCOE values for alternative energy technologies continue to decline, in some scenarios the full-lifecycle costs of building and operating renewables-based projects have dropped below the operating costs alone of conventional generation technologies such as coal or nuclear.

グーグル、モバイルVRヘッドセットでのハンドトラッキング実現に一歩
Mogura VR » グーグル、モバイルVRヘッドセットでのハンドトラッキング実現に一歩 のコメントのフィード

Vive FocusやMirage Soloなど、PCやスマートフォンを必要としない一体型VRヘッドセットが数多く登場しています。しかし現時点では、ハイエンドのPC接続型ヘッドセットに見られるような、ハンドトラッキングが可能な一体型デ

5Gはいつから実用されるか、総務省に聞いた”実現可能”な青写真
ビジネス+IT HotTopics

──第5世代移動通信システム「5G」が注目を集めています。改めて5Gとはどのようなものですか。

アリババ、ブロックチェーンを使って偽装食品を特定へ——試験プログラムを開始
THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) » アリババ、ブロックチェーンを使って偽装食品を特定へ——試験プログラムを開始 のコメントのフィード

中国の購買者はついに、自分が購入した製品が偽物または合法かどうかの答えをスマートホンでコードを読み取るだけで分かるようになる。

小型原子炉の可能性は 英ロールス・ロイスに聞く 科学記者の目 編集委員 滝順一
日本経済新聞 電子版

 小型モジュール炉(SMR)と呼ばれる新型原子炉への期待が高まっている。原子力発電所の構成要素をモジュール化し工場生産することでコストを削減、建設費が高騰する大型原子炉に比べて、投資リスクを引き下げ

防衛省、日本版「グローバルホーク」研究
ニュースイッチ

 防衛省は無人機の研究を進める。コンピューター画面上で機体を設計するデジタルモックアップ技術を活用し、偵察機や戦闘機などさまざまな機種を念頭に複数の機体をシミュレーションし、飛行特性の違いや性能上の効

動画:NASAが火星探査機打ち上げ 順調なら11月下旬に着陸
AFPBB News – 総合新着記事100 –

2018年5月6日 8:40 発信地:バンデンバーグ空軍基地/米国 メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

世界初、ロシアの浮体式洋上原子力発電所 デンマーク沖を通過
AFPBB News – 総合新着記事100 –

【5月5日 AFP】ロシアの世界初の浮体式洋上原子力発電所「アカデミック・ロモノソフ(Academy Lomonosov)」が4日、デンマークのランゲラン(Langeland)島東の沖合を通過した。

産業ロボット導入率で韓国がトップに、日本は4位
ライブドアニュース – Forbes JAPAN

産業オートメーションのスピードが世界的に確実に加速している。国際ロボット連盟(IFR)によると、従業員1万人あたりの産業ロボット導入数は2015年に66ユニットだったが、2016年には74ユニットにまで増加した。

人が着るソフトロボット(パワードスーツ)は工場労働者や四肢麻痺患者を助ける
TechCrunch Japan

1/4世紀の間稼働を続けたカリフォルニア州リッチモンドの50万平方フィート(46451.

シュトゥットガルト大学ら、HoloLensによる文字表示の効率的な読書法を検証した研究発表。歩行時は、中央or下部表示、文節毎に切り替わる方式が高理解度
Seamless

ドイツのシュトゥットガルト大学、大阪府立大学の研究者らは、光学シースルーHMD(ここではMicrosoft HoloLens)を用いて、テキスト表示による効率的な読書の研究「Reading on Smart Glasses」を発表しました。

英のガソリン車販売禁止、HVも対象か 現地報道
日本経済新聞 電子版

 【ロンドン=篠崎健太】2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針の英政府が、対象にハイブリッド車(HV)も含める案を検討していることが明らかになった。複数の英メディアが4日報じた。トヨ

HUAWEI、新しいHiAI人工知能エンジンを発表
深セン経済情報

中国の通信機器メーカーであるHUAWEI(本社:深セン)は、次世代の人工知能エンジンを開発し、P20シリーズに搭載すると発表した。

特集 中小の生産現場とIoT(下)光電子の事例
日刊工業新聞 電子版

IoT(モノのインターネット)で収集したデータをどう活用していくかは、IoT導入の上での課題になる。コイルや非接触電力伝送(ワイヤレス給電)製品の設計・製造を手がける光電子(宮城県大崎市)は、3…

特集 中小の生産現場とIoT(上)金剛製作所の事例
日刊工業新聞 電子版

【コネクテッド インダストリーズ vol.1】スマート工場は日本のお家芸 日本の新しい産業革命「コネクテッドインダストリーズ」って何?

東海道新幹線N700系はここで生まれた!JR東海の研究開発拠点に潜入取材
トピックス

2018年3月に、その確認試験車が披露された〝最高の新幹線〟N700S。その革新の技術を生み出し続けてきた施設が愛知県小牧市にあるのをご存知だろうか。JR東海のテクノロジーのふるさとともいえる、その「小牧 総合技術本

「バドワイザー」製造会社が800台の水素燃料電池トラックをニコラ・モーターに発注。テスラ・セミは40台
Engadget Japanese RSS Feed

水素燃料電池で走るトラックを開発中のニコラ・モーターが、世界第三位のビール製造会社アンハイザー・ブッシュから800台のトラックを受注しました。納車時期は2020年。アンハイザー・ブッシュはテスラに40台のテスラ

米に対抗、独自開発急ぐ中国「ITのコア技術、突破を」
朝日新聞デジタル

 中国政府やその意を受けたIT企業が、米企業の技術や米国民のデータを不法に得ようとしている――。米政府は中国による知的財産の侵害を、そうした主張で長年批判してきた。トランプ政権の発足後に圧力がさらに

トヨタAI子会社、米に自動運転テスト施設 10月稼働
日経ビジネスオンライン最新記事

 トヨタ自動車の人工知能(AI)開発子会社は4日、米ミシガン州で自動運転開発向けのテスト施設を10月に稼働すると発表した。同州にある既存のテストコースのなかで新たに約24万平方メートルの土地を活用し、トヨ

協働ロボ需要拡大 大手ユニバーサルロボットと日系メーカーの動向
日刊工業新聞 電子版

労働力不足などの課題解決で注目される協働ロボット。協働ロボットで6割のシェアを持つとされるデンマークのユニバーサルロボットは基盤(プラットフォーム)事業に力を入れている。同社の協働ロボットを基盤

 

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。