部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
【製造業コンサルタントの視点】

製造業・加工業が競争力を失う”症状”が出てら、逆にチャンスかも!②

製造業・加工業が競争力を失う”症状”が出てら、逆にチャンスかも!②を、お伝えします。

まずは、再度、”装置業のあるある”をどうぞ!

1. 開発(予算を使う)という発想が無い。
2. 設計製作会社(の場合)だから、何でも仕事を取ろうとする。
3. 営業が、なぜか現場に入って営業していない。
4. 新規案件を取る営業担当や仕組みも無い。営業担当も口だけでやらない。
5. 新規案件の獲得が、意図的にできていない。
6. 積算が遅い。または営業担当者が積算している。
7. 特定の営業や社長しか受注が決まらない。
8. 受注予定案件が、翌月にずれる事が多々ある。
9. 受注残を 3~6ヶ月以上持っていない。
10. そもそも設計者がいない。
11. 色々な装置を請けて、設計者が疲弊している。
12. 内製化しようとして、納期遅れが頻発する。(設計、加工)
13. 工程管理をずさんで、納期順守という意識が薄い。
14. 外注先から、外注担当者が“良い人”と言われている。
15. 原価管理などシステムが使いづらいと言い訳を言って、活用できてない。
16. 納期、原価が把握し改善する仕組みが実は弱い。
17. 納期を心配しているのが、営業担当だけである。
18. 製番別での原価オーバーが頻発するが、原因追及がない。
19 リピートの装置なのに、設計ミスが多く修正が頻発している。

20.やってもやらなくても、どうせ給料は変わらないし、増えないと思っている。
21できる人のところに仕事が集中し、最終的に優秀な人材が辞めていく。。。。

いかがでしょうか?

前回の解説は、

1.の開発(予算)を使わない

でした。今日は、2.の設計製作会社は何でも仕事を取ろうとしてしまうです。

設計製作会社だけでなく、”受託製造業、受託加工業”全般に言えることですね。

ズバリ、仕事を請けることを目的にしているからです。

仕事を請けることが良くないこと?と思う方もいると思いますが、要は

仕事の請け方であり、仕事(ビジネス)の仕方の問題です。

経営は、従業員の協力を得て、行うものです。従業員を安い給料で働かせて、それで良しではダメです。

この時代、このような会社が存続していくことはなかなか難しいですが。

ただ実際に顧客に恵まれ、特定の1〜2社の言うことが聞いていれば、なんとかなっている会社も現実、多くあります。

ただ何かあった時(主要顧客からの取引量減少など)には、もう手遅れです。

 

重要なのは、顧客のためになるように、自社の技術・自社の機能等をしっかり”考えて”会社を

強くすること。自社の技術・機能をしっかり磨きながら、利益を出せるだけの体制も作る、

そのような仕事の割合を増やし、従業員にもしっかり還元することです。

 

粗利率の高いビジネスをしていくこと。粗利率が高いということは、顧客の困りごとを解決している証拠です。

どこでもできる安い仕事も重要ですが、規模に見合って請けていかなけければ、いずれ会社の継続していくことが難しくなるはずです。

まずは、どのような仕事を請けたいのか、請けるべきなのか、をしっかり”考えて”現場レベルでも意思統一をし案件も確認していくこと。

当然ですが、粗利管理もしっかり実行すること。これができてない中小企業が多すぎます。

粗利管理にしなければ、多くの従業員の意識は粗利に向きません。

 

この様な症状は、会社を確実に弱くします。中長期的に確実に。

何かやり方が良くないのです。

だから、チャンスなのです。要は、やり方が悪ければ、やり方を変えればいいのです。

単純です。後は、どう行動するかです。

[metaslider id=2210]

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。
RELATED POST
製造業 経営コンサルタント 【製造業コンサルタントの視点】

想創力:想いがすべてを創っていると思う

2014/06/17
加工業・製造業・メーカー(下請け製造業)に強い経営コンサルタント(船井総研)
サッカー日本代表の初戦、残念でしたね。別のチームみたいでした。スタートから相手チームにはかなわないオーラが出ていた様に感じました。次の試合は、もっと勝てるオーラを出して積極的にやっ …
no image 【製造業コンサルタントの視点】

(メルマガより)産業財ビジネスとは?

2010/02/02
加工業・製造業・メーカー(下請け製造業)に強い経営コンサルタント(船井総研)
【産業財・生産財(製造業商社)コンサルタント 井上雅史のブログ「産業財マーケティング.com」 】こんにちは。今回は、先日創刊しましたメルマガより■産業財ビジネスとは?これから産業 …
製造業 経営コンサルタント 製造業・産業財コンサルティング

(燃料電池関連ニュース)燃料電池車の普及に必要な水素ステーション、神戸製鋼が設置面積を半減

2014/02/25
加工業・製造業・メーカー(下請け製造業)に強い経営コンサルタント(船井総研)
燃料電池車普及の10年後に普及する為のネックは「水素ステーション」であると考えられている。 まだ課題は多いと思うが、少しずつ主要企業が …