部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
SaaS

20180822 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|SaaSが労働生産性を上げる

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

SaaSが労働生産性を上げる。SaaS業界の市場トレンドレポートとカオスマップ
AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア » SaaSが労働生産性を上げる。SaaS業界の市場トレンドレポートとカオスマップ のコメントのフィード

クラウドサービスには、ハード・ミドルウェア・ソフトウェアと以下の3つのレベルが存在する。

次期戦闘機、日本で5割超生産 日米同盟の基盤強化 【イブニングスクープ】
日本経済新聞 電子版

 日本が2030年をメドに導入する次期戦闘機を巡り、米防衛大手ロッキード・マーチンが防衛省に提出した開発計画が分かった。同社のF22を主体に改修するが、日本企業に開発・生産の分担比率50%以上を認めた。防衛装備

9枚の写真で見る、ロシアの最新鋭超音速爆撃機ツポレフ22M3M
BUSINESS INSIDER JAPAN

ロシアは8月16日(現地時間)、超音速爆撃機ツポレフ22M3(Tu-22M3)の最新型、ツポレフ22M3M(Tu-22M3M)を公開した。 アップグレードされたツポレフ22M3Mは、冷戦時代に作られたツポレフ22Mのアビオニクス(航空電子機器)、

カタログ通販×機械学習「日本直販」担当者が語るDataRobot活用事例・運用術【6月7日大阪AIセミナー3/3】【trans+(トランスプラス)】トランスコスモスのデジタルトランスフォーメーション情報
trans+(トランスプラス)

トランスコスモスは大阪にて2018年6月7日にプライベートセミナー「AI・機械学習の活用法と現場の最前線」を開催しました。

Society 5.0がもたらす産業の変革とは何か (1/3)
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 内閣府はこのほど平成30年度年次経済財政報告(経済財政白書)を公表した。今回の白書は、副題を「今、 Society 5.0の経済へ」とし、第4次産業革命による「Society 5.

量子コンピューティングへの投資は拡大、2020年には「量子ゲート方式」のクラウドサービスが登場
RSS new article

 国内デジタルトランスフォーメーション市場調査によると、現在活用されているのはAIだが、量子コンピューティングは2030年に103億円から2,950億円へと2017年度比28.6倍になる見通しだ。

ようやく発売された 究極のARヘッドセット マジック・リープは本物か?
MITテクノロジーレビュー

フロリダ州プランテーションの何の変哲も無いビルの奥深くで、マジック・リープ(Magic Leap)は、すばらしいガジェットを実際に作っていた。このガジェットは、私がこれまで見てきた他のどんな拡張現実(AR)あるいは

米国の自動車関税、結論先送りか 商務長官が表明
This Morning With Gordon Deal

 トランプ米政権は輸入自動車に対する追加関税を検討しているが、実際の発動に向けた調査が当初予定より長引いている。欧州連合(EU)やメキシコ、カナダといった主な自動車輸出国との協議がいまだにまとまっ

MUFGはなぜ量子コンピューターに取り組むのか、スタートアップ育成に注力する理由
ビジネス+IT HotTopics

 この7月、三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)は、スタートアップ向けのアクセラレーションプログラムである“MUFG Digitalアクセラレータ ”の第3期 DEMO DAYを東京国際フォーラムで開催した。

人工知能(AI)はECサイトでどう活用すべき? 米国のネット通販活用事例4選
ネットショップ担当者フォーラム

メインコンテンツに移動 現在地 ネットショップ担当者フォーラム » 海外eコマースに学ぶ最新のECトレンド Presented by ecbeing » 人工知能(AI)はECサイトでどう活用すべき? 米国のネット通販活用事例4選

MLCCが深刻な品不足。中国勢と競争激化の引き金にも
ニュースイッチ

 産業界で積層セラミックコンデンサー(MLCC)の品不足が止まらない。自動車の電装化やスマートフォンの高機能化、IoT(モノのインターネット)の普及に伴い、汎用性の高い電子部品として需要が急拡大してい

 

勉強会のご案内はこちら>>

 

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。