部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
【製造業コンサルタントの視点】

自動車もファブレスで製造する時代に!

製造業コンサルタントの井上です。

ついに自動車もファブレスの時代になってきました。自動車メーカー同士が相互で、エンジンなどを共有し合うのでなく、純粋な自動車のファブレスメーカーです。

540馬力の超スーパーな電気自動車「GLM-G4」国内発表!

2017年04月25日 12時00分更新

「トミーカイラ ZZ」など、電気自動車(EV)を開発・販売する新興メーカー、京都のGLM。そのGLMが新型スーパーEV「GLM-G4」の国内初お披露目となる発表会を開催した。

 

 

http://ascii.jp/elem/000/001/474/1474296/

 

何が凄いというと、これだけのスペックのものを自動車メーカーがまだ発売していない時に、ファブレスメーカーが先行して発売できてしまうということです。

製造業の歴史的に見ていくと、

 

●先行メーカーが、自前主義で川上から川下まですべて抱え込んで製造して製品を作っていく

●その後、サプライチェーンが徐々に出来上がりつつ、垂直統合型サプライチェーンでで製造していく

●更に、メーカー通しがお互いに相互補完していき、垂直統合型からネットワーク型サプライチェーンへ

●そして、受託を専門とする会社が徐々に現れる。有名なところでは。フォックスコンなどがある

 

という感じに、製品・業界にもよりますが、受託製造業が徐々に力を付けていき、製造機能を”買う”ことが可能な時代になってきた。メーカーになりたい人が、受託製造業に依頼をすれば、商品企画以外全部やってくれる時代になってきている。パソコン、スマートフォンはもちろん、機械装置や産業用の機器などもそうである。キーエンスがファブレスめーかーであることも有名です。

製造する、作るということが、機械化、自動化などにより外部委託しやすい時代になってきた。

製造するプロフェッショナルになるか、製品を企画・開発する開発型メーカーになるか。

それが自動車の分野にも、来ているということです。これは、単純にファブレスメーカーが開発した自動車ということだけを意味するのではなく、EVになることによって自動車業界が、スマートフォンやパソコンと同じ道を辿るという可能性があるということを意味します。

間違いなく、数年後にはこの流れが加速して、日本の自動車製造の製造台数が減っていくことに繋がっていきます。

消費財や耐久消費財は、地産地消型になりつつあります。その流れにプラスして、製造形態の革命が押し迫ってきてきています。

この流れは、間違いないので、日本の製造業は早めに対処すべきでしょう。

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。