製造業・部品加工業・ロボットSIer・メーカー 専門コンサルタント(井上雅史)のブログ
成長戦略

産業用ロボット購入台数で中国が日本を抜き、世界最大の市場に

製造業 経営コンサルタント

産業用ロボット購入台数で中国が日本を抜き、世界最大の市場になった。

この記事を要約すると、以下の通り。日本では成長戦略にロボットが入り、産業用ロボットを2倍にする。世界的には活用が進んで、今後の成長産業である。

 

●国際ロボット連盟(IFR)が発表した最新統計によると、

中国が購入した産業用ロボットは、3万6,560台(1位)
日本の購入した産業用ロボットは、2万6,012台(2位)、
米国の購入した産業用ロボットは、2万3,679台(3位)
購入数で初めて中国は世界最大の産業用ロボット市場となった。
製造された産業用ロボット5台のうち1台は中国が購入したことになる
購入量は前年比で60%近く成長した。

●需要が急速に拡大した背景として、製造業における人件費の高騰
その他の新興経済体との競争激化などの影響

●産業用ロボットの稼働台数では日本がダントツの1位となっており、2012年の稼働台数は日本31万台、中国9.6万台、米国16.8万台

●中国市場での産業用ロボットの販売高の約半数は日本の6メーカーが占めており、中国を代表する国産産業用ロボットメーカー4社のシェアはわずか5%にとどまる

 

産業用ロボット購入台数で中国が日本を抜き、世界最大の市場に

─第一財経日報(2014年6月3日)

国際ロボット連盟(IFR)が発表した最新統計によると、中国が2013年に購入した産業用ロボットは3万6,560台で、購入数で初めて日本を追い越し、中国は世界最大の産業用ロボット市場となった。この3万6,560台という数字は、2013年に製造された産業用ロボット5台のうち1台は中国が購入したことを意味し、購入量は前年比で60%近く成長したことになる。なお、2013年における日本の購入数は2万6,012台、3位は米国の2万3,679台であった。

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。
RELATED POST
【製造業コンサルタントの視点】

自動車等の軽量化を目指す、NEDOの革新的新構造材料等研究開発

2017/05/23
製造業・部品加工業・メーカー専門コンサルタント|経営戦略・WEBマーケティング・賃金評価制度など下請け型企業に強い(船井総合研究所)
製造業 経営コンサルタントの井上です。 NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が輸送機器の計量化を目指して、研究が採択されまし …
製造業・産業財コンサルティング

電池関連技術の開発進歩がめざまし!EV航続距離延長の可能性

2014/07/15
製造業・部品加工業・メーカー専門コンサルタント|経営戦略・WEBマーケティング・賃金評価制度など下請け型企業に強い(船井総合研究所)
パソコンはもとより、自動車やスマートフォンまでさまざまな電子機器等に使用されるリチウム電池。電池の開発が進んでいる。 リチウムイオン電 …
成長戦略

ロボットシステムインテグレ―セミナー報告。オフラインティーチングのオクトパスが凄い!

2016/06/23
製造業・部品加工業・メーカー専門コンサルタント|経営戦略・WEBマーケティング・賃金評価制度など下請け型企業に強い(船井総合研究所)
第2回目になる「ロボットシステムインテグレーターセミナー」を開催しました。 今回のゲストは、JBMの中村顧問にオフラインチーチ …