部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
【製造業コンサルタントの視点】

日本の今後の人口減少の現実に、衝撃です。

製造業経営コンサルタントの井上です。

改めてデータで見せられると、びっくりを通り越してビビりますね。

ただ、生きてないと思いますが。

必読です。現実を。

日本人は「人口急減の恐怖」を知らなすぎる

今後はフリーフォールのように急減していく

(東洋経済オンラインより)

森田:これは長期的な日本の人口推移をグラフにしたものです。西暦600年から2200年までの人口の推移を見ると、平安時代が500万人強、関ヶ原の戦いの時で現在の10分の1の1200万人、江戸時代に3000万人を超えて、明治以降、急激に増えました。2010年まではドカンと上がったわけです。ところが、そこが頂点で、これからジェットコースターのフリーフォールのように急減していきます。

http://toyokeizai.net/articles/-/148363?display=b

乱暴な見方ですと、約100年で人口が半分以下確実になるということです。

これを「生産年齢人口」で見てみると、

東洋経済オンライン より

「生産年齢人口」15歳以上65歳未満の人口をみると、1995年をピークに減っているのが見えます。

しかし世界で見てみると、

国連人口基金東京事務所ホームページより (http://www.unfpa.or.jp/)

2050年で92億人、最近では97億人とも言われてます。指数関数的に人口が増えていきます。

日本の人口減少は、日本だけで捉えれると問題ですが、世界規模で見たら逆に幸せになれる可能性が0%ではないということかもしれません。このよう現実を見ると、イーロンマスクのように火星へ移住という発想が出てきてもおかしくないです。

まずはこのような現実を把握して、決して悲観することではないのでは?と思います。あとはどう対処するかです。

ただし、このころは自分は生きないと思いますが。。。。

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。
RELATED POST
コンサルティング現場

できる製造業の出会い系の活用が上手い!(中小企業 新ものづくり・新サービス展 全国中央会が6地区で開催)

2015/12/19
加工業・製造業・メーカー(下請け製造業)に強い経営コンサルタント(船井総研)
全国中央会が中小ものづくり展を全国で6地区で開催している。 中小企業 新ものづくり・新サービス展 (写真:日刊工業新聞 電子 …
メッキ・めっき・鍍金加工業

Webは需要の発生源へ近づ為の最強ツール

2014/07/31
加工業・製造業・メーカー(下請け製造業)に強い経営コンサルタント(船井総研)
今日は、ある産業財系の商社の通販立ち上げ支援でした。その会社のメンバーが意欲的で、海外への通販も視野に入れいきたいと。前向きです。一致した意見は、今後はインドネシア。自動車産業関連 …