部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
成長戦略

トヨタの燃料電池車(FCV)の価格が約700万円で革新的!

製造業 経営コンサルタント

トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)の価格がある程度明確になってきました。約700万円前後だそうです。

燃料電池車(FCV)のライフサイクルは、まさに導入期の前半。ハイブリット車で言えば、15年以上前と同じ状況です。それ700万円はかなり頑張っている。燃料電池車(FCV)が量産されてくれば、量産効果によるコストダウンが、かなり進むので思い切った価格を出してきている。またテスラ等の競合を意識もしている。

まだ、水素ステーションなど課題はあるが、トヨタ自動車は本気モードですね。

地域、ニーズに応じて、今までとおりの内燃機関、ハイブリット、燃料電池車(FCV)をライナップをしてフルライン戦略ってところでしょうか。電気自動車への展開はどうするのかも見ていきたいと思います。

 

トヨタ燃料電池車「手の届く価格になった」 課題は水素ステーション

トヨタ自動車は25日、次世代エコカーの本命とされる燃料電池車(FCV)を700万円程度で今年度内に発売すると発表した。課題だったコスト削減のめどが立ったため、販売に踏み切る。自動車各社のFCVの販売はこれまで官公庁向けリースなどに限られていた。今回のトヨタの市場投入は一般向けで、世界の大手自動車メーカーで初めてとなる公算が大きい。FCVをめぐっては、ホンダも来年中に700万~800万円で発売する予定だ。

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。