部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
【製造業コンサルタントの視点】

トヨタが一線を越えた?-自動運転ー

先日の「オートモーティブワールド」は、かなり盛況でしたね。

自動運転技術目白押し。実現は確実で、いつかという段階に入ってますね。

その関連で日経ビジネスで面白い記事を見つけた。もう読まれた方は多いと思いますが、良くみているなぁ関心。

要は、トヨタ自動車は完全自動運転はやらないと言っていたのを転換して、開発していくということです。

詳細は、日経ビジネスをお読みください。

トヨタの自動運転、知られざる開発方針転換

そして「その先」をにらむ日産 (日経ビジネス)

どんな技術も人間(消費者)がイメージできて、便利だなと思うことは確実に進んでいく。

これは歴史も見ても明らかです。

未だに仕事で馬車や人力車に乗っている人は、いないと思います。(観光業は違います。)

人間の未来を決めるのは、人間の欲求です。その欲求とテクノロジーが出会い、新たなモノが発明されていきます。

その”モノ”に誘発されて、更に新たなものが出てくるというサイクルです。

進歩はともあることがないでしょう。人間がいる限り。

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。