部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
成長戦略

コー・ロボットという新しい産業用ロボット分野(協調ロボット)

クカ社のLBR iiwa(http://www.kuka-labs.com/より)

今年は、アベノミクスの成長戦略でさまざまな産業振興が行われようとしている。

そのなか「ロボット産業」もそのひとつである。

ただメインはサービス産業向けだといわれつつ、産業用ははやり国内でなく海外、とりわけ中国での活用が広がるので、国内はとも言われている。

まだ協調ロボットについて、知られていない。協調ロボット = コー・ロボットとも言われる。

メーカーでは、デンマークのユニバーサル・ロボッツ社、アメリカのリシンク・ロボティクス社、日本のカワダ・ロボティクス社、クカ社などがある。

新たなカテゴリーのロボットが増えてきそうである。より生産性が高まっていくことが期待される。

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。