部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
成長戦略

【新成長産業】なぜ、宇宙産業へ参入するのか?キヤノンがロケット参入、宇宙産業へ!

大企業の動きを見ていると、なぜ?という動きがあります。

少し前のホリエモンがロケット、イーロンマスクもロケット(スペースX)、アマゾンのCEOがロケット(ブルーオリジン)など夢やロマンを追っているのか?と少し思っていた時期がありました。

ホリエモンロケットが今夏ついに宇宙へ – コンセプトは「世界最低性能のロケット」

http://news.mynavi.jp/articles/2016/06/30/rocketnight/  (マイナビニュース)

イーロン・マスクのロケットがまた快挙、過去最高難易度での着地に成功

https://hbol.jp/94392   (ハーバービジネスオンライン)

米ブルー・オリジン、ロケット再使用で4回目の打ち上げ・着陸に成功

http://news.mynavi.jp/news/2016/06/20/088/  (マイナビニュース)

しかし、彼らは生粋のビジネスマン。

やはり、宇宙産業にビジネスとして、魅力があるということです。この魅力とは?

宇宙産業には、宇宙輸送分野や衛生通信分野、衛生観測分野、衛生測位分野などがあります。ホリエモンやイーロンマスなどは、宇宙輸送分野で活路を見出しています。

 

では、なぜ宇宙へ輸送することがビジネスになるのか?

 

そのキーになるのが、人工衛星です。要は、人工衛星でさまざまなサービスを提供することによって、ビジネス展開できる見通しがついてきたということです。

人工衛星を使ったサービスとは、当然、今まで通りの「観測」「測位」などありますが、GPSより高精度な上下左右にセンチメートル単位での測位できる衛生などが開発されています。

最近では、スペースXのイーロンマスが、人工衛星からWifiを繋げるようにすることを発表してます。

スペースX、世界にネットを届ける「4,000個の衛星」打ち上げを申請

スペースXが、約4,000個あまりの衛星を打ち上げる計画を米連邦通信委員会(FCC)に申請した。実現すれば、地球上のほぼすべての地域で高速インターネットが利用できるようになるという。

http://wired.jp/2016/11/18/space-x-satellite-internet/  (WIRED)

人工衛星を使いビジネスをするという方向性が明確になってきました。

今、行宇宙インフラを早く押さえたいという動きを世界が動いているということです。

日本でも、宇宙活動法が閣議決定されたばかりです。

この様な動きの中で、キャノンが動き出したということです。少し遅いですけど。

期待したいところです。

 

新成長産業開拓部会
ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。