AR(拡張現実)

20180709 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|Windows MRで「Office」

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

オフィスワークで「VR」は使えるのか? Windows MRで「Office」試してみた (1/2)
ITmedia NEWS 最新記事一覧

メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。前回に引き続き「Windows MR」を紹介。今回は自宅のノートPCで試してみました。  皆さんこんにちは、日本HPでPCの製品企画を担当している白木

太陽光パネル、国内勢苦境 三菱電機が部材撤退
日本経済新聞 電子版

 太陽光パネルの国内メーカーが苦戦している。国内市場が縮小に転じる中、海外勢が低価格で攻勢をかける。三菱電機は中核部材の生産から今春、撤退した。京セラは2017年に国内シェア首位から転落し、工場の生産集約

MITの四足歩行ロボット「Cheetah 3」、カメラを使わずに階段を上ることが可能に
CNET Japan 最新情報 総合

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)は米国時間7月5日、四足歩行ロボット「Cheetah 3」が脚を曲げたりランニングマシンで走ったりしている動画を公開した。一連の動作の中には、同じ位置でジャンプする動きも含まれる。

 

「集中」をビジュアル化するハイテクウェアラブルデバイス「FOCI」
bouncy / バウンシー

イギリスの企業が開発した、集中レベルを可視化するウェアラブルデバイス「FOCI」。クリップ型のコンパクトなデザインで、腰に身に付けておくだけで個人の意識状態を計測することが可能だ。

マイナス成長のスマホ、スランプ脱出の鍵握る技術
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

中国製造2025にe-F@ctoryを、三菱電機が中国政府直轄組織とスマート工場で提携
MONOist 最新記事一覧

 三菱電機は2018年7月6日、中国政府直轄の研究所である機械工業儀器儀表綜合技術経済研究所(Instrumentation Technology and Economy Institute、以下ITEI)と「中国製造2025」の実現に向けた、戦略的パートナーシップを締結すること

自動運転バス「Apolong」が日本仕様になって上陸へ SBドライブとバイドゥが2018年度内に実証実験
ねとらぼ 最新記事一覧

 SBドライブと中国バイドゥ(百度)の日本法人は7月6日、自動運転バス「Apolong(アポロン)」の日本導入で協業すると発表しました。両社は2019年初期までに10台のApolongを日本へ持ち込み、2018年度中に日本での実証実験を

広島、岡山で工場休止 三菱自、マツダ、パナ
ニュース速報(総合)

 西日本を中心に広い範囲で降った豪雨による企業活動への影響は7日も続いた。大きな被害が出た広島、岡山県などで、自動車メーカーなどが予定していた工場の稼働を休止したり、コンビニエンスストアや百貨店が一

来るべき「水素社会」に投資したい! 岩谷産業という選択(石井治彦)
ピックアップ | ニコニコニュース

2014年に世界初の量産燃料電池車(FCV)「ミライ」を発売したトヨタ自動車。航続距離は電気自動車(EV)よりも長く、燃料の補給にかかる時間も3分程度で済むというが、水素ステーションの少なさから、普及台数は2500台(2

トヨタ、燃料電池車の普及へ好循環狙う
Nature Nanotechnology

2018/07/09(月曜日)00:01(日本時間)更新 アジア経済ニュース 日本 車両 【共同】トヨタ自動車が、燃料電池車(FCV)の普及に向け商用車に活路を求めている。来年春からコンビニの配送に小

年収400万前後の人は、働き方改革が進めば「家計崩壊」の可能性
現代ビジネス | 講談社

6月29日に国会で働き方改革関連法案が通過して、日本の労働法制で初めて残業時間に上限規制が設けられたことが決定しました。

さらばAI、これからは「拡張知能」と呼ぶ時代がやってくる|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

人工知能(AI)という言葉に別れを告げ、これからは「拡張知能」と呼ぼう──。そんな取り組みのひとつが、伊藤穰一が率いるMITメディアラボと米電気電子学会(IEEE)が始めた新たなプロジェクトだ。いまのAIを「人々の

AIの「ワードプレス化」目指す、スウェーデン企業の野望
ライブドアニュース – Forbes JAPAN

スウェーデン発のAIスタートアップ「Peltarion」には、人気ゲーム「キャンディークラッシュ」の開発に携わったエンジニアをはじめ、スポティファイやKlarna、Truecallerなどスウェーデンを代表するテック系ユニコーン出身の上

 

 

勉強会のご案内はこちら>>

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  2. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
  3. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  4. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  5. 00 半導体業界

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
PAGE TOP