部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
IoT:モノのインターネット

20180328 製造業の経営者が押さえるべきニュース|着るIoT

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

業績好調の東京エレクトロンが迎える正念場
JBpress(日本ビジネスプレス)

 日本最大の半導体製造装置メーカーである東京エレクトロン(TEL)の業績が好調の模様である。2015年以降、売上高も営業利益も増大し、2017年度は(予測値ではあるが)、会社設立以来初めて1兆円を超え(1兆1300憶円)

手に巻くバンドでモーションキャプチャ iOS向けアプリ
Mogura VR

ウェアラブルデバイスを使ったアプリを展開する株式会社Moffは、iOS向けモーションキャプチャーアプリ『Moffロガー』を開発しました。

メガネ、作業着、刺繍…あらゆる情報を測れる「着るIoT」最前線
現代ビジネス | 講談社

ウェアラブルデバイスは大きく分けて、外部からの情報を入手するためのデバイスと、身に着けた人の情報を収集するためのデバイスに分けられる。

第4次産業革命で変わる検査と品質向上の取り組み (1/3)
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

本連載の趣旨  本連載は、「いまさら聞けない第4次産業革命」とし、第4次産業革命で製造業が受ける影響や、捉える方向性などについて、分かりやすくご紹介していきたいと考えています。ただ、単純に解説していくだ

日本最大の人工知能専門展「第2回 AI・人工知能EXPO」が開催されます – 『はたらく AI・人工知能』が大集合!
ピックワールド(PIC World)

もう少しかかると思うけれど、将来的には、人手不足を解消し、関連して働き方改革も可能となると思う。 そんな人工知能の専門展、「第2回 AI・人工知能 EXPO」が、東京ビッグサイトで、4月4~6日の間開催されます。

自動でフィットする「ロボットシューズ」登場...ZOZOスーツに続き進むアパレル業界のスマート化
ROBOTEER

2017年末、アパレル系オンラインショッピングサイト「ゾゾタウン(ZOZO TOWN)」は、着用するだけで肩幅や胸囲などを採寸し、身体にフィットした服を提案可能なゾゾスーツの無料配布を開始。今、最先端AI技術がアパレル業

中国、電気自動車の標準化推進へ
ロイター: トップニュース

[上海 27日 ロイター] – 中国政府は、電気自動車の標準化を一段と推進する計画を打ち出した。工業情報省の発表文によると、中国は今年、電気自動車の再充電、バッテリー設計、燃費の各分野において、標準化を進

社説/中小企業の後継者難−官民一体で事業承継の支援を
日刊工業新聞 電子版

後継者難による中小企業の廃業は、日本の産業界の足腰を弱める。神奈川県が先行した事業承継のための官民一体の取り組みに学びたい。

民間ロケット「MOMO」、来月再挑戦 改良「2号機」公開
日刊工業新聞 電子版

イラストでよくわかる!大工道具入門 匠の技から学ぶ上手な使い方 創業者が語るソディックの経営 顧客のために歩んだ発明の日々

「下請Gメン」増員 聞き取り調査2倍に
日刊工業新聞 電子版

経済産業省・中小企業庁は2018年度に「下請Gメン」(取引調査員)を現在の約80人から120人規模に増やし、聞き取り調査件数を年間4000件へと倍増する方針を固めた。大企業による支払い遅延や減額

三菱ケミ、AIで設備予知保全 英・米3工場に導入
日刊工業新聞 電子版

三菱ケミカルホールディングス(HD)傘下の三菱ケミカルは2018年度に、アクリル樹脂原料のメタクリル酸メチル(MMA)工場で人工知能(AI)の活用を始める。欧米…

5指ロボットハンド、人手作業の代替狙う
ニュースイッチ Newswitch

 スキューズ(京都市南区、川田成範社長)は、柔らかいものもつかむことができる「5指ロボットハンド」の開発キットを、4月1日に発売する。制御ソフトウエアをセットにして、ユーザー自身が独自にロボットの開発

パワハラと「指導」の線引きは? 厚労省が判断基準
日本経済新聞

 厚生労働省の有識者検討会は27日、職場でのパワーハラスメント(パワハラ)の防止策を盛り込んだ報告書をまとめた。指導とパワハラの線引きについて、職場での関係性や身体的・精神的苦痛があるかなど3つの判断基

エネ庁、「水素」の位置付け明確化 次期基本計画に反映
日刊工業新聞 電子版

経済産業省・資源エネルギー庁は26日、エネルギー基本計画の改定を視野に、エネルギーミックスの最適化に向けた対応の方向性を示した。省エネ等、再生可能エネルギー、原子力、火力・資源の4テーマに分け、

製造業ロボ市場、25年に3.1倍へ 富士経済予測
日刊工業新聞 電子版

富士経済(東京都中央区、清口正夫社長、03・3664・5811)は26日、製造業向けロボットの世界市場が2025年に17年比3・1倍の3兆3140億円とする予測を発表した。ヒト協調ロボなど新しい

 

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。
RELATED POST
【産業・業界別動向】

20180218-19 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|IVI、独団体とIoT情報交換 MOU締結

2018/02/21
加工業・製造業・メーカー(下請け製造業)に強い経営コンサルタント(船井総研)
製造業コンサルタントの井上です。 本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。 タイムリーかつすべての情 …