Microsoft HoloLens活用

20180604 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|HoloLens向け共同作業アプリ

製造業コンサルタントの井上です。

本日のトピックスです。

HoloLens向け共同作業アプリの実力は?、記者が試す
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です

HoloLensでのアシスタントを多用途へ 米スタートアップの試み
Mogura VR » HoloLensでのアシスタントを多用途へ 米スタートアップの試み のコメントのフィード

AR開発スタートアップ企業Scope ARは、ARオンラインビデオ通話プラットフォーム「Remote AR」を提供しています。同社はこのサービスと、自社の持つAR動画インストラクションサービス「WorkLink」を融合し、より多用途のソリュ

ソニーは1兆円投資、東芝は売却…真逆の半導体戦略の明暗は?
ダイヤモンド・オンライン – 新着記事

 巨額投資の半導体事業を抱え込むべきか否か──。東芝が半導体事業を売却した一方で、2018年3月期に20年ぶりの営業最高益を計上したソニーは、今後も半導体事業に継続投資する姿勢が鮮明だ。

VRゴーグルやグローブ型コントローラで操作可能な分身ロボット KDDIが発表
財経新聞:主要記事の最新ニュースフィード

あるAnonymous Coward曰く、 KDDIが離れた場所で利用者の代わりに行動するというロボット「MODEL H」を発表した(ITmedia、CNET Japan)。  同社が出資するTelexistence社によって開発されたもの。利用者はVRゴーグルやグローブ型コン

ロシア初の再使用宇宙ロケット 実験期日が明らかに
スプートニク日本 – 速報ニュースとオピニオン:写真、ビデオ、インフォグラフィック | Sputnik Japan

初の再使用宇宙ロケットの実験が2022年、ロシア国内で行われる。ロシアの学術研究、開発の達成を国防に活かすことを目標に掲げる「未来調査基金」のボリス・サトフスキー会長がスプートニクに対して明らかにし

保全の再訪率半減、AI活用で最適な修理作業を自動提案する技術
MONOist 最新記事一覧

 日立製作所は2018年6月4日、AI(人工知能)を活用し、産業機械の最適な修理作業を自動提案するシステムを開発したと発表した。今後は日本と米国での製品化を目指しており、空気圧縮機の製造・販売を手掛ける米国子

「未来投資戦略2018」素案、自動走行・ロボ実証 旗艦プロジェクトに
日刊工業新聞 電子版

政府は4日開いた未来投資会議(議長=安倍晋三首相)で、成長戦略の最新版「未来投資戦略2018」の素案を示した。自動走行、ロボットなど先進技術に関する実証を旗艦プ…

下請け取引条件、自動車業界で改善顕著 企業庁
日刊工業新聞 電子版

【レポート】スマートファクトリー展開幕 最新技術で課題解決策(動画あり) 本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

ABB、愛知にロボ検証施設 車部品・金属加工、顧客対応強化
日刊工業新聞 電子版

【名古屋】スイスのABBは4日、名豊事業所(愛知県豊田市)内に自動車産業や金属加工関連の顧客と、ロボット導入の検証や試験を実施する施設「ABBロボティクス アプリケーション・センター中日本=写真

設備異常をAI検知 明和eテックが解析機器開発
日刊工業新聞 電子版

【名古屋】明和eテック(愛知県豊田市、河原博社長、0565・37・1800)は、人工知能(AI)で周波数の波形を学習し、設備や加工の異常を検知するデータ解析機器「アイシス」を開発した。振動や温度

マイルストーン2020/MRJ正念場の夏 資本増強で基盤整備
日刊工業新聞 電子版

三菱航空機(愛知県豊山町、水谷久和社長、0568・39・2100)の資本増強をめぐり、親会社の三菱重工業が債務の株式化と増資を組み合わせた資本増強を検討する。今後、三菱重工本体が手がける米ボーイ

日産、ディーゼルエンジン開発中止 EV集中鮮明に 【イブニングスクープ】
日本経済新聞 電子版

 日産自動車はディーゼルエンジンの開発を中止する。英仏中など各国当局が環境への対応から販売規制を検討し、市場縮小が避けられないと判断した。自動車大手が電気自動車(EV)に経営資源を集中させるとともに

英ヴァージンの「宇宙旅客機」テスト成功、2度目の超音速実現
ライブドアニュース – Forbes JAPAN

英国のリチャード・ブランソン率いる「ヴァージングループ」傘下の宇宙旅行企業「Virgin Galactic」が5月29日、新たなマイルストーンを達成した。同社の宇宙旅客機「VSS Unity(スペースシップ2)」が、ロケット推進飛行によ

IoT先進国フランスの技術を活用したプラットフォームを提供―インターポレーション
デジタルビジネスを加速する専門情報サイト IT Leaders

インターポレーションは2018年5月31日、ノンコーディングのIoTプラットフォーム「Interpolation Platform」を発表した。ネットワーク管理からデータの可視化、複数クラウドサービスの一括管理する機能を搭載した、一気通貫のI

“お手製AI”でロボットを強化学習、技術者工数を10分の1にしたOKIデータの革新 (1/3)
MONOist 最新記事一覧

 労働力不足などが深刻化する中、製造現場でも効率化や省力化を図ろうとする取り組みが活発化している。その中で鍵を握るとされているのがロボットとAI(人工知能)の活用である。産業用ロボットは既に多くの製造

MR技術で業務提携、建築土木現場でHoloLens活用へ
MONOist 最新記事一覧
アメリカ農務省に海軍も、3万社が使う日本のVRアプリ作成ツール「InstaVR」が5.2億円を調達
TechCrunch Japan

VRコンテンツの制作・配信・分析プラットフォーム「InstaVR」を提供するInstaVR。同社は6月4日、YJキャピタルなど日米のVC複数社を引受先とした第三者割当増資により総額5.2億円を調達したことを明らかにした。

トヨタからデンソーへ、HV基幹部品などの生産・開発を移管
MONOist 最新記事一覧

 トヨタ自動車は2018年6月1日、主要な電子部品事業をデンソーに集約する検討を始めたと発表した。2019年末をめどにトヨタ自動車 広瀬工場が担う電子部品の生産をデンソーに移管する方向で協議している。2022年以降は電

ロボットによる自動化に反対して5万人の労働者がストライキへ
GIGAZINE

ラスベガスのリゾート施設で働く労働者約5万人が、2018年6月1日までに「ロボットの自動化からの保護」を約束した新しい労働契約が得られなかった場合に、ストライキに突入する予定です。記事作成時点で期限まで残す


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  2. ◆コンサルタントの視点

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  3. https://inouemasashi.com/mot/%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD%E3%81%A7%E3%81%AEhololens%EF%BC%88ar%E3%80%81mr%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E5%8B%95%E5%90%91%E3%81%AE%E6%8A%8A%E6%8F%A1%E3%81%A8%E6%B4%BB%E7%94%A8%E7%A0%94/

    AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向の把握と活用研究①
  4. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  5. ◆コンサルタントの視点

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
PAGE TOP