部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
拡張現実(AR)、複合現実(MR)

製造業向けARサービス(拡張現実)が増えてきた

製造業コンサルタントの井上です。

昨年から製造業にAR(拡張現実)やMR(複合現実)がいずれ活用されると言ってきましたが、徐々にサービスやプロダクトが出てきましたね。

製造業の仕事の在り方は、4つの方向に向かっていくと考えてます。

①は現在、製造業が取り組んでいる自動化です。昨今は協働ロボットや無人搬送車(AGV)など、様々な製品が出てきています。また産業用ロボットをインテグレートする為には、ロボットシステムインテグレータが必要になりますが、今年「FA・ロボットシステムインテグレータ協会」も設立されることになっています。

②は生産管理のシステム化を始め、RPAの活用や更にはAIの活用、統合してIoTとして活用など、生産性を上げるための手法が多く出てきています。

今回のAR(拡張現実)に関しては、井上は③に位置付けてます。要は、人間が作業しますが、指示はコンピュータや他の人がするという内容です。AR(拡張現実)によって図面を表示させたり、作業指示が表示されたりという具合です。AR(拡張現実)グラスには、外部を移すカメラが付いてくるので、作業者の目線とそのカメラを通じて他の人と”目線の共有”が可能になります。分かりやすい動画が、ソニーがYouTubeに出してる動画を見るとわかると思います。

目次

(ソニーのスマートグラス SmartEyeglass: ビジネスソリューション より)

最後に④は、高度な作業ですがCADなどのソフトウェアを活用することによって、成果物がデジタル化される仕事は、AIにとってかわる可能性があります。人間の判断を必要として、デジタル化しずらい、できない仕事が、最終的に人間が行る仕事として残ると考えてます。

①、②、③とテクノロジーの進化で、3~5年で普及がどんどん進んでいくでしょう。

最近の、製造業に関係するAR(拡張現実)の記事を下記にあげてみます。

AR技術を用いた技術伝承サービス

アウトソーシングテクノロジーは、AR技術を用いて熟練工が持つ技術の伝承を円滑にするサービス「AR匠」を発表した。ゴーグル型端末を装着することで、作業者と遠隔地にいる熟練技術者が画面、視界を共有しながら作業を進められる。[MONOist]現場での作業イメージ 出典:アウトソーシングテクノロジー

VRで表示したデスクトップ画面で3D CADが使えるレビューシステム

サイバネットシステムが、VR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」の最新バージョン2.0を発売する。VR空間に表示したデスクトップ画面からCADの操作ができる「リモートデスクトップ機能」などが追加されている。[MONOist]「バーチャルデザインレビュー」のイメージ(クリックで拡大) 出典:サイバネットシステム

タブレットをかざすだけでリアルタイム情報を表示できるARソリューション

シュナイダーエレクトリックは、操作盤、装置、工場などにタブレットをかざすとARでさまざまな情報を表示できるARソリューション「シュナイダーARアドバイザー」を発表した。経験の浅い技術者でも、異常の早期発見と復旧が可能になる。[MONOist]

「シュナイダーARアドバイザー」を使用する様子(クリックで拡大) 出典:シュナイダーエレクトリック

以前の製造業のAR、MR活用の記事を合わせてご覧ください。

https://inouemasashi.com/mot/%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD%E3%81%A7%E3%81%AEhololens%EF%BC%88ar%E3%80%81mr%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E5%8B%95%E5%90%91%E3%81%AE%E6%8A%8A%E6%8F%A1%E3%81%A8%E6%B4%BB%E7%94%A8%E7%A0%94/

製造業の方は、意外とシステムやIoT、AR(拡張現実)もそうですが、ソフトが絡むテクノロジーに苦手意識を持っています。今後、製造業をアップデートさせるには、考え方として「ハードのものづくり」と「ソフトのものづくり」を同時にしていくことが求められる時代です。

ぜひ、苦手と言わず、自社に有効なテクノロジーは、どんどん取り入れていきましょう。

 

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。