Microsoft HoloLens活用

20180605 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|ARやVRに的を絞ったプロセッサーIC、Qualcommが発表

製造業コンサルタントの井上です。

本日のトピックスです。

ARやVRに的を絞ったプロセッサーIC、Qualcommが発表
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

登録会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です

電池の性能は向上する、全固体は2030年に実用化
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です

シャープが2千億円の増資実施 再建進み、財務正常化へ
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 シャープは5日、2千億円を上限とする公募増資を7月にも実施すると発表した。調達した資金は金融機関が保有する優先株の買い取りに充てる。平成30年3月期連結決算で最終損益が4年ぶりに黒字化するなど台湾

台湾のEV戦略、PCでの“成功の法則”は通用するのか
Yahoo!ニュース

●PCと携帯電話機で、広大なサプライチェーンを築いた台湾 台湾は現在、かつてのPCの時と同じように、携帯電話機でも成功を収めている。小さな島国でありながら、エレクトロニクス部品やサブシステム関連の広

米国でC-V2X実証、PanasonicやQualcommなど参画
Yahoo!ニュース

 Qualcommは2018年6月1日(米国時間)、Ford Motor(以下、Ford)およびパナソニック北米法人のPanasonic Corporation of North America(以下、Panasonic)と、米国コロラド州でのセルラーV2X(C-V2X:Cellular Vehicle-to-Everything)導入に向け

企業は音声ファースト時代に備え?? : 「Alexa」は世の中をどう変えるか
ZDNet Japan 最新情報 総合

 本記事は、顧客関係管理(CRM)分野のインフルエンサーで専門家であるBrent Leary氏の寄稿によるものだ。同氏はコンサルティング会社CRM Essentialsの創業者でもある。

米クアルコムが新型半導体を発表-常時接続PC向けでデータ無料提供
Bloomberg

スマートフォン向け半導体で最大手の米クアルコムは新型プロセッサーを発表した。韓国のサムスン電子が既に顧客に名を連ねており、このプロセッサーを搭載したパソコン(PC)向けに無線通信データを無料提供する

ソニーは1兆円投資、東芝は売却…真逆の半導体戦略の明暗は?
ダイヤモンド・オンライン – 新着記事

 巨額投資の半導体事業を抱え込むべきか否か──。東芝が半導体事業を売却した一方で、2018年3月期に20年ぶりの営業最高益を計上したソニーは、今後も半導体事業に継続投資する姿勢が鮮明だ。

VRゴーグルやグローブ型コントローラで操作可能な分身ロボット KDDIが発表
財経新聞:主要記事の最新ニュースフィード

あるAnonymous Coward曰く、 KDDIが離れた場所で利用者の代わりに行動するというロボット「MODEL H」を発表した(ITmedia、CNET Japan)。  同社が出資するTelexistence社によって開発されたもの。利用者はVRゴーグルやグローブ型コン


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  2. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  3. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  4. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  5. ◆コンサルタントの視点

    会社(組織)のエンゲージメント力(絆)を上げよう
PAGE TOP