【 技術・テクノロジー動向 】

20180430 製造業の経営者が押さえるべきニュース|5Gで製造業はどう変わる?

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

インダストリー4.0、欧州で普及段階に モノづくり革命、産業界底上げ
日刊工業新聞 電子版

製造業の生産性を飛躍的に高める概念「インダストリー4・0」が欧州で普及段階に入ってきた。人と協働作業する「コロボット」、工場の状況をコンピューターで再現する「デ… 【コネクテッド インダストリーズ vol.

「昆虫でやっていく」SB300年構想 異種交配で繁栄、希代のカリスマが描く未来図 (1/3ページ)
情報通信ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 医療、不動産、半導体-。ソフトバンクグループが近年投資した企業は多種多様で、携帯電話事業者よりも投資会社としての側面が突出している。孫正義会長兼社長は、出資してグループ入りさせた企業で作る企業群で

5Gで製造業はどう変わる?
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

この記事は日経 xTECH有料会員限定ですが、2018年4月30日16時まではどなたでもご覧いただけます。

日立、次期中計で営業益1兆円超を目指す コスト改革が柱
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 日立製作所は27日、来春始める次期中期計画で平成34年3月期までに日本の電機メーカーで初となる1兆円超の連結営業利益を目標とする方針を打ち出した。インフラやITなど重点分野でのM&A(企業の合併・

ファナック、IT特需”一息” 車・半導体など期待
日刊工業新聞 電子版

ファナックの稲葉善治会長は、同社で開いた決算説明会で2019年3月期の見通しについて、「残念ながらIT関係の需要は一端落ち着く。先は見通せない」との見方を示した。一方で、自動車や半導体などIT以

政府、宇宙産業の人材活性化 登録制度創設、研究者らVB派遣
日刊工業新聞 電子版

政府は宇宙産業の活性化に向け、産官学の人材の流動を促す。2018年度内に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究者や大企業、大学の宇宙分野の専門人材が登録する人材プールを創設。民間仲介事業者を介してベ

「三菱電機のロボット×IBMの人工知能=目視検査」、受注開始
ニュースイッチ Newswitch

 【独ハノーバー=平岡乾】三菱電機と米IBMは2018年夏にも、共同開発している検査用人工知能(AI)を搭載したロボットの受注を始める。自動車部品などが規則正しく並んでいなくても、ロボットが腕を部品に

スキー用のソフト・エクソスケルトン
robonews.net

ソフト・ロボティクス技術を利用してエクソスケルトンを開発中だったローム・ロボティクス社が先月末、新製品を発表したが、何とそれはスキー用のエクソスケルトンだった。

テレダインが、デンマークの注目スタートアップMiRを買収
robonews.net

テレダイン・テクノロジーズ社が、デンマークの自走ロボット開発会社のモバイル・インダストリアル・ロボッツ(MiR)社を買収した。『ドライブ&コントロール』が伝えている。買収額は1億2100万ユーロ(1億4800万ド

Web3.0社会到来でIT企業が個人情報を独占する時代は終わる?
新着記事 – THE PAGE

 フェイスブックCEO(最高経営責任者)のマーク・ザッカーバーグ氏が、データ不正流用問題に関して、同社にも責任があることを正式に認めました。今後、個人情報の取り扱いについて厳格化していくそうですが、IT業

トヨタが国内生産「50万台減」を見据え動き出した!
ニュースイッチ Newswitch

 「石にかじりついてでも日本のモノづくりの競争力を守る」。トヨタ自動車の豊田章男社長がこう宣言したのは、製造業が円高や東日本大震災など“6重苦”にさらされた2011年夏。モノづくりへの危機感が強まる中でトヨ

258グループ、人工知能産業フォーラムでは自社サービスを発表
深セン経済情報

 4月17日、2018年度人工知能産業フォーラムがヒルトン深セン福田で行われた。今回のフォーラムのテーマは“進撃・融合”というコンセプトだ。人工知能産業の研究者、専門家や業界の関係者たちが集まり、イノベーショ

カーネギーメロン大学ら、皮膚上にプロジェクタ投影しスキンタッチインターフェースを可能にする自己完結型スマートウォッチ発表
Seamless

カーネギーメロン大学とASU Techの研究者らは、皮膚上にプロジェクタで投影しスキンタッチインターフェースを可能にする自己完結型の投影スマートウォッチ「LumiWatch」を発表しました。

「5年後、誰もスマホを使わなくなっている」byジャック・マー
中華IT最新事情

アリババが、アリペイエアーと呼ばれる新しいテクノロジーのデモ映像を公開した。小さなプロジェクターで手の平に映像が投影できるというもので、これと生体認証を組み合わせると、スマートフォンがなくても生活が

低軌道衛星で海でも山でもIoT
ニュースイッチ Newswitch

 スカパーJSATは低軌道衛星を活用したIoT(モノのインターネット)事業に参入する。地上で収集した温湿度などのデータを、広域通信規格の「LPWA」により衛星で受信し、地上局に送信する。地上から低軌道

中国で猛烈に進むEV化の流れに日本勢がおよび腰な理由【北京ショー2018】
特集【オートックワン】

日本は世界に先駆けて市販電気自動車である三菱『i-MiEV』を発売した。さらに2010年に日産が『リーフ』を発売。日本は電気自動車技術世界でNo,1だったと思う。

スマートファクトリーの現在と、展示に見る実現可能性 ーハノーバーメッセ2018レポート8[Premium]
Feedly Blog

ハノーバーメッセレポートの第8弾は、これまで様々な切り口で語られてきた、スマートファクトリーの現在と実際の展示に見る実現可能性についてだ。

製造現場のさまざまなプロセスで活用される3Dプリン?? : 産業用ロボット大手KUKA
ZDNet Japan 最新情報 総合

 3Dプリンティングは製造業を変えると言われているが、このテクノロジが企業で実際にどのように使われているかを説明する記事はまだ少ないかもしれない。

大面積・高品質グラフェンのロールtoロール製法を開発 - MIT
マイナビニュース テクノロジー

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、大面積・高品質のグラフェンをロールtoロール方式で大量生産する技術を開発したと発表した。グラフェンを利用したろ過膜などの用途で、産業規模の量産に適用することを

組立・物流から食品工場まで、中小企業の生産現場へのロボット導入は?スマラボの狙い
ビジネス+IT HotTopics

弁当を詰めるロボット ロボット導入の鍵を握るロボットSIer育成が急務  ロボットを使った機械システムの導入提案、設計、構築を行うことがロボットSIerの役割だ。工場の生産効率を上げることはもちろんだが

トヨタ系部品6社の通期見通し、5社が増収
日刊工業新聞 電子版

【名古屋】トヨタ自動車系中堅部品メーカー6社が26日発表した2019年3月期連結業績予想は5社が増収を見込む一方、営業利益は3社増益、3社減益と明暗が分かれる。… 【コネクテッド インダストリーズ vol.

【電子版】TSMC、1.5兆円の設備投資を計画 新竹の生産施設拡大
日刊工業新聞 電子版

 半導体の受託生産で世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)が台湾・新竹にある生産施設の拡大に向けて4000億台湾ドル(約1兆5000億円)を投じる方針を明らかにした。世界のスマートフォン市場が減速する中、勢いを取り

【電子版】JAXA、「SS520」5号機がギネス認定 世界最小の衛星投入ロケット
日刊工業新聞 電子版

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、今年2月に打ち上げた全長約9.5メートルの超小型ロケット「SS520」5号機が、世界最小の衛星投入ロケットとしてギネス世界記録に認定されたと発表した。  SS520・5号機は全長約9.

武蔵精密工業の18年3月期、純利益63.9%増103億円
日本経済新聞

 武蔵精密工業が27日に発表した2018年3月期の連結決算は、純利益が前期比63.9%増の103億円となった。売上高は前期比31.8%増の2379億円、経常利益は前期比54.3%増の159億円、営業利益は前期比41.2%増の157億円だった。

 

勉強会のご案内はこちら>>

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. 00 半導体業界

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  2. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  3. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  4. AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
  5. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
PAGE TOP