AI(人工知能)

20180623 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|画像認識がAIで“機械の目”

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

人の目の10倍超、画像認識がAIで“機械の目”になる
ニュースイッチ

 人工知能(AI)技術を用いた高速画像認識の研究が加速している。ディープラーニング(深層学習)の軽量化・高速化が進み、高速画像処理や高速追跡技術と組み合わせられるようになってきた。自動運転やスポーツに

電池が足りない!焦るトヨタ・日産・ホンダ
ニュースイッチ

  国内自動車メーカーが中国市場を念頭に、電気自動車(EV)用リチウムイオン電池のコスト低減を急いでいる。トヨタ自動車とホンダは他社との協業で数量規模を確保し、日産自動車は外部調達でサプライヤーに競争原

返済しても残高が増える「未払い利息」の恐怖 住宅ローンの注意点
ZUU online

住宅ローンには三つの金利タイプがあり、金利の低い変動金利型や固定期間選択型の固定期間の短いタイプには、金利が低い、つまり値段が安いなりの理由があることを、連載の前回で紹介した。今回は、その「安いなり

スマホをかざしてコースを確認 ゴルフの上達をARがサポート
Mogura VR » スマホをかざしてコースを確認 ゴルフの上達をARがサポート のコメントのフィード

「Golfshot」は、GPS機能を使ってグリーン中央への距離を計測するなど、ゴルファーがプレイをより楽しみ、上達させるためのスマートフォン向けアプリです。これにAR機能が拡充されたアップデート版「Golfshot AR」が登場、

自分のアイデアをいろんな会社のCEOに手紙で送ってみてわかったこととは?
GIGAZINE

「面白いアイデアはあるけど自分には実現できそうにない」と考えてしまい、実行に移すことを諦めている人が多いはず。投資家のジョン・デフェオ氏も同じ悩みを抱えたことがあったのですが、「どうせなら実現でき

AI人材争奪、世界で70万人不足 日本勢は米中に後れ
日本経済新聞 電子版

 世界で人工知能(AI)の専門家の争奪戦が過熱している。車の自動運転や顧客データの解析、音声認識や顔認証システム――。経済のデジタル化が進むなか、ビジネスの多くの場面でAIに精通した技術者が求められ

特集:半導体製造装置(東京エレクトロン、SCREENホールディングス、アドバンテスト、ディスコ、レーザーテック)
トウシル 楽天証券の投資情報メディア

東京エレクトロン(8035)、SCREENホールディングス(7735)、アドバンテスト(6857)、ディスコ(6146)、レーザーテック(6920)  2018年4月の世界半導体出荷金額(単月)は、前年比22.

ロボット導入拡大「中国も止まっていない」安川電機社長
朝日新聞デジタル

 人手不足などを背景に、世界で工場の自動化ニーズが高まっている。産業用ロボットの需要拡大は続くのか。安川電機の小笠原浩社長に聞いた。

デンマークの注目ロボット企業「Kassow Robots」軽量型協働ロボを公開
ROBOTEER

Kristian Kassow氏らが設立したロボットスタートアップ・Kassow Robotsは、ドイツ・ミュンヘンで開催されたオートマティカ見本市で、軽量タイプの協働ロボットを公開した。披露されたモデルは「KR 810」(リーチ850mm、ペイロード

VWグループ、電動車向け全固体電池を量産へ…クアンタムスケープと提携
レスポンス

フォルクスワーゲングループは6月21日、ソリッドステートバッテリー(全固体電池)を手がけるクアンタムスケープ社と提携すると発表した。

製造現場へのAI導入、解決が見えない「ある問題」
TechFactory ����IT �V���L��

製造業がAI(機械学習)に熱い視線を送っています。AIの活用で故障予知や技術伝承などといった問題を解決しようと各社が取り組んでいるものの、「ある問題」についてはまだ解決の糸口がつかめていません。  製造現場

エアバス×アウディの空飛ぶ車「Pop.up Next」がいよいよテスト飛行へ!ドイツ政府とともに意向表明に署名
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

Uberに先駆けること2年前。かなり早い時期から、“空飛ぶ自動車”の開発に取り組んできたエアバス社。老舗自動車メーカーアウディをパートナーに、空中飛行可能な自動運転車「Pop.

金型を3DスキャンしてCADデータ化、リバースエンジニアリングの実践
MONOist 最新記事一覧

 ケイズデザインラボは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展。同社が販売する3Dスキャナーを中心としたリバースエンジニアリング製品を披露した。

シスコ、位置情報サービスプラットフォームなど手がけるJuly Systemsを買収へ
ZDNet Japan 最新情報 総合

 Ciscoは米国時間6月19日、米カリフォルニア州バーリンゲームに本拠を置く新興企業July Systemsを買収する計画を発表した。財務的な条件は明らかにしていない。

ペイパル、詐欺防止とリスク管理を手がけるSimilityを1億2000万ドルで買収へ
CNET Japan 最新情報 総合

 PayPalが詐欺防止とリスク管理を手がけるSimilityを1億2000万ドル(約132億円)の現金で買収することに合意した。PayPalによると、Similityのサービスを利用することで、詐欺防止機能を業者に提供することが可能になるという

ロボット大国へ突き進む中国、世界の販売台数の3分の1を購入
MITテクノロジーレビュー

国際ロボット連盟(IFR)の新たなレポートで、2017年に38万台を超える産業用ロボットが販売されたことが明らかとなった。前年比29%の増加である。

iOS12のAR機能「ARKit 2.0」の新機能とは? 何ができるのか紹介
Mogura VR » iOS12のAR機能「ARKit 2.0」の新機能とは? 何ができるのか紹介 のコメントのフィード

アップルは、2018年6月4日に開催された開発者イベント「WWDC2018」において、同社の最新のソフトウェア「iOS12」を発表しました。iOS12の一般向けリリースは今秋に提供予定。ARプラットフォーム「ARKit」のアップデート「ARKit2.

最新鋭の技術で業務用エアコンを造り始めたダイキン工業
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です

大工作業を工業化し1日で上棟
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

2018/06/21 02:56  工務店が作成した図面を基に、木材をプレカット。木造軸組み工法で柱や梁、合板を組み合わせてパネル化し、さらにサッシや断熱材を取り付け、防水紙の施工まで一括して工場で製造する。その

複数の分身や第3の腕を作り出す、東大らの「人間拡張研究」本格始動
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です

VWとフォードが業務提携、商用車の共同開発などで協力
MONOist 最新記事一覧
異種ロボットを一元制御するプラットフォーム開発プロジェクトを発足
MONOist 最新記事一覧
NECが訴えるモノづくりデジタル変革、AIの活用範囲拡大 (1/2)
MONOist 最新記事一覧

 NECは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展。AIの活用領域拡大など、モノづくりデジタル変革において得られる価値を訴えた。

富士市CNF産業推進構想でクニエを特定|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

 富士市は、効果的な地域産業振興などを目的に公募型プロポーザルで募集した「富士市セルロースナノファイバー関連産業推進構想」の策定支援業務の事業者に、クニエ(本社・東京都港区元赤坂)を特定した。

テクノロジーで水産養殖の課題解決へ、ウミトロンが9.2億円を調達——IoTでエサやりを最適化
TechCrunch Japan

テクノロジーの活用によって水産養殖の課題解決を目指すUMITRON(ウミトロン)は6月21日、産業革新機構、D4V、藤代真一氏、松岡剛志氏ら個人投資家を引受先とする第三者割当増資により約9.

人工衛星企業と連携 九工大、効率利用へ研究
日本経済新聞 電子版

 九州工業大学は人工衛星分野でアンテナ共有(シェアリング)サービスを手掛けるスタートアップ企業、インフォステラ(東京・渋谷)と共同研究に関する包括連携協定を結んだ。九工大が得意とする超小型人工衛星の

F-2後継機、日本主導の国内開発を決議
旅行業界・航空業界 最新情報 − 航空新聞社 – 航空宇宙および海外旅⾏産業に関する新聞・雑誌・書籍の発⾏と販売

自民党国防議員連盟が安倍総理に手渡す  自由民主党国防議員連盟の衛藤征士郎会長は6月20日、安倍晋三総理大臣に、F-2戦闘機後継機の日本主導による国内開発による取得を求める決議書を手渡した。同議連では、(1)

「7~9月が天王山」、液晶/有機ELパネル投資
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です

TSMC、7・9ナノ生産能力が前年比倍増
Nature Nanotechnology

2018/06/22(金曜日)00:01(日本時間)更新 アジア経済ニュース 台湾 IT ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が21日に開いた技術フォーラムで、同社幹

角度制御を手首のように NTN、産ロボ向け外観検査用モジュール量産
日刊工業新聞 電子版

NTNは8月に、産業用ロボットの位置決めを人の手首のように細かくできる角度制御モジュールの量産を始める。パラレルリンクと呼ばれる制御機構に、独自の仕組みを取り入…

【茨城新聞】サイバーダイン 手軽に心筋梗塞予防 小型の新センサー開発
県内ニュース:茨城新聞

2018年6月21日(木) サイバーダイン 手軽に心筋梗塞予防 小型の新センサー開発 ロボットスーツ「HAL(ハル)」を製造販売するサイバーダイン(つくば市、山海嘉之社長)は、手のひらサイズの小型バイタルセンサーを開発し

自律移動型警備ロボ実用化へ 明大発ベンチャーのSEQSENSEが国内初
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 明治大学発ロボットベンチャーのSEQSENSE(シークセンス、東京都渋谷区)は、日本企業として初の自律移動型警備ロボットの実用化を目指す。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、街頭警

アウディとヒュンダイ、燃料電池開発での協力に合意。特許の相互利用で開発加速狙う
AUTOSPORT web

The total of partial reporoduction of text,photographs and illustrations is not permitted in any form. Copyright ©SAN`s All Right Reserved.

深層断面/トヨタ・日産・ホンダ、電池調達戦略の行方
日刊工業新聞 電子版

国内自動車メーカーが中国市場を念頭に、電気自動車(EV)用リチウムイオン電池のコスト低減を急いでいる。トヨタ自動車とホンダは他社との協業で数量規模を確保し、日産自動車は外部調達でサプライヤーに競争原

2019年が「完全自動運転元年」になる現実を直視せよ
JBpress(日本ビジネスプレス)

 連結売上高29兆3795億円、営業利益2兆3998億円、純利益2兆4939億円――。日本企業で過去最高となるこの途方もない数字は、2018年3月期決算でトヨタ自動車がたたき出したものです。

勉強会のご案内はこちら>>

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  2. ◆コンサルタントの視点

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
  3. https://inouemasashi.com/mot/%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD%E3%81%A7%E3%81%AEhololens%EF%BC%88ar%E3%80%81mr%EF%BC%89%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E5%8B%95%E5%90%91%E3%81%AE%E6%8A%8A%E6%8F%A1%E3%81%A8%E6%B4%BB%E7%94%A8%E7%A0%94/

    AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向の把握と活用研究①
  4. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  5. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
PAGE TOP