部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
【技術・テクノロジー動向】

燃料電池車(FCV)動向の記事が2016年5月~6月多くないですか?

燃料電池車(FCV)動向の記事が多くないですか?

製造業経営コンサルタントの井上です。

 

燃料電池車(FCV)は、普及しない。

と2016年くらいに思いました。

これは同様に思われている方も多く、佐藤氏も同様に思われていた方ですね。

日産が開発凍結を宣言した燃料電池車の行方
燃料電池車開発の歴史から見る今後の展望 佐藤 登
2018年6月28日(木) 日経ビジネスオンラインより
少しだけ、燃料電池車(FCV)の課題を上記記事を要約させてもらうと、

課題① FCVは、部品点数ではEVの比ではないほどに多く、部品コストが高い。白金触媒を使用、エネルギー回生やパワーアシストのために二次電池の搭載が必要など、いずれもコストが高くなる要因。
⇒ 白金触媒のような高価な原材料をどこまで減らせるかも大きな鍵である。白金削減実績を明らかにしていないが、恐らく50%の削減までには至っていないと思われる。

課題② 燃料生成段階でのゼロエミッション化が求められる。
⇒ 本課題はかなり根深いものであり、今後の長期課題であることに相違ない。

課題③ 1基で約4億6000万円と言われる、水素ステーションの設置費用も課題だ。
⇒ インフラとして普及するための大きな障壁。

課題④ FCVでは航続距離はガソリン車と比べそん色ないのだが、水素燃料代がガソリンより安くなるわけでもなく、消費者にとって直接見える価値が乏しい。
⇒ 燃料消費価格で魅力がなければ、消費者メリットは何も得られないのが実情だ。これは課題③ともつながっているが、いかに水素生成コストを抑えることができるかという開発が伴う。

まさにその通りですね。

課題は多いが、EVも電池供給の問題など、いろいろ課題が見えてきているので、また燃料電池車(FCV)の開発に関する記事がでてきているのではと感じています。それか株価対策か。。。

最近の燃料電池車(FCV)のニュースです。

現代自とアウディが提携 燃料電池車開発で
日本経済新聞 電子版

 【ソウル=山田健一、フランクフルト=深尾幸生】韓国・現代自動車は20日、独フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車メーカー「アウディ」と燃料電池車(FCV)の開発で提携すると発表した。両社が関連の特許と

経済産業省、燃料電池車普及に向けて「セルフ式」水素ステーションを解禁へ
SANSPO.COM「芸能社会」最新ニュース

経済産業省、燃料電池車普及に向けて「セルフ式」水素ステーションを解禁へ【拡大】

トヨタ、FCV大増産の勝算 20年代普及へ準備着々
日刊工業新聞 電子版

トヨタ自動車が2020年代の燃料電池車(FCV)増産へ動きだした。中国の新エネルギー車(NEV)規制などで市場本格化が見込まれる電気自動車(EV)の話題にかすみがちだが、FCV普及への取り組みは

FCV開発でしのぎ 自動車各社、合従連衡が活発化
日刊工業新聞 電子版

燃料電池車(FCV)開発をめぐり自動車メーカーの合従連衡が活発化している。韓国・現代自動車と独フォルクスワーゲン(VW)傘下のアウディが提携を決めた。一方、米フォード・モーターは独ダイムラーとの

【電子版】現代自と独アウディ、燃料電池車で提携 部品共通化など推進
日刊工業新聞 電子版

【ロンドン=ロイターES時事】韓国現代自動車と独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車部門アウディは20日、燃料電池技術で協力すると発表した。

CESアジア/現代自、FCV訴求 PM浄化デモなど実施
日刊工業新聞 電子版

中国・上海市で開かれた家電・IT見本市「CESアジア」で、燃料電池車(FCV)をメーンに据えた韓国・現代自動車の展示が来場者の注目を集めた。各社が電気自動車(E…

【電子版】米フォード、ダイムラーとの燃料電池合弁を解散へ
日刊工業新聞 電子版

【デトロイト=ロイターES時事】米自動車大手フォード・モーターは13日、独ダイムラーとの自動車用燃料電池技術開発に関する合弁会社を解散することを明らかにした。今後は両社がそれぞれ独自に開発を進めていく。

トヨタ向け炭素繊維増産
日本経済新聞 電子版

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

トヨタ自動車、セブンイレブンと共同で「水素」の利活用拡大を強力推進へ
SANSPO.COM「芸能社会」最新ニュース

 航続距離や燃料補給(3分程度)の面でガソリン車並みの使い勝手を実現した燃料電池車「FCV」を電動車の柱の1つとするトヨタ自動車。2014年12月にセダンタイプのFCV「MIRAI」を日本で723.

FCV(燃料電池車)年間3万台の販売を目指すトヨタ、生産設備を大幅増強へ
clicccar.com(クリッカー)

同社は5月24日、国内外のFCV販売エリア拡大に向け、基幹ユニットとなるFCスタック(燃料電池)と水素を貯蔵する高圧水素タンクの生産能力を、現状のひと桁増とすべく生産設備を拡充すると発表しました。

 

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。