部品加工業の商品力(価値)とは?

|受託製造加工業の商品力(提供する価値)とは?

受託製造加工業 商品力(提供する価値)

受託製造加工業の業績向上方程式では、「商品力(提供する価値)」が一番重要になります。例えば、部品加工業では、強い「営業力」があっても、支給図に対して見積もり提出しても、価格が合わない場合は受注ができません。また、価格が合った場合でも、精度が出せない、品質・検査体制など価格以外で受注が取れないという場合もあります。5Sができてないからということもあるのではないでしょうか。

受託製造加工業の「商品力(提供する価値)」を上げる為に、まずは「商品力(提供する価値)」をしっかりと全社員が認識をして、日常の生産活動のレベルを上げていくことが、業績を上げる為に必要条件になります。

受託製造加工業 商品力コンサルティング

受託製造加工業の「商品力(提供する価値)」で重要なことは、日々の活動です。

受託製造加工業は、人工(ニンク)仕事なので人の活動や人材のスキルが、生産における「QCD生産性・技術」を決定づけます

自社のできる技術(加工または設計等)を、顧客が求める仕様(加工精度等・品質・コスト・工期)で提供できていれば、仕事を受注することができているはずです。

この前提があり、受託製造加工業の「商品力(提供する価値)」を上げるためには、

●技術力

●人材育成力

●現場コントロール力 【課題発見→標準化→見える化→仕組み化→自動化/システム化)

●課題設定力

●意識させる力

●組織連動力 (コミュニケーション力)

●責任力(気づき力)

上記、7つの切り口が受託製造加工業の「商品力(提供する価値)」になります。

「商品力(提供する価値)」を向上させる為のステップは次のようになります。

受託製造加工業 商品力アップ

 

 

 

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  2. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  3. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  4. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  5. AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
PAGE TOP