社長の”想い”を社員にスペックインをする仕組みを作り

|社長の”想い”が社員に伝わらず、決定事項を徹底できない理由

中小企業の社長がよく言うセリフとして、

「うちの社員は何度言っても、やらないんだよ。」

「もの事を考えて、行動できる社員が少ない。」

「リーダーのマネジメント力がなくて、機械を遊ばせてしまうよ。」 などなど。

本当によく聞くセリフです。

特に成長をして、社員数30名以上になってきた会社の社長がよく口にされます。

「今までは、社長一人で全社員の行動を把握して、指示していたけど、もうそろそろ無理かなぁ・・・」

会社は順調に成長し、企業規模も受託製造・加工業で、売上5億円以上規模になったら、

企業規模に、仕組みが追い付かなくなってきている。。。。

 

そう感じている社長は多いのではないでしょうか?

 

●社長の会社を成長させて良い会社にしたいという ”想い”

●社長の顧客に対しする ”想い”

●社長の会社を良くして、社員の生活を良くしたいという ”想い”

 

これらが中々、社員に伝わらなくて、歯がゆく思いをしている経営者が多いのではないでしょうか。

この様な状態では、どんなに良い戦略ができたとして、それを実行する為の体制が出来ておらず、戦略を実行して成果を出すことが難しい状態です。

 

では、どうすれば良いのか?

 

私がクライアント先で、真っ先に取り組むことは、

 

「社長の”想い”を社員にスペックインをする仕組みを作り、
                    会社に神経を通すこと。」

 

を実行します。もう少し具体的に言うと、

まずは、社長が何を伝えたいのか? 抽象的な言葉では伝わりません。具体的な行動ができる言葉、それは会社で言えば「会社方針」になります。

「 それなら自社でも”毎年”やっているよ。 」

重要なことは、”意味のある方針管理”です。半年に一度、または年に1度しか見ない方針は意味を成しません。社員が具体的に行動できる方針書が”意味のある方針”です。

次は、その「決めたこと(方針)」がしっかりと”実行される”ことです。

その為に、チェック(レビュー)する体制仕組が最も重要になります。

「決めたこと」を「チェック(レビュー)」することという”当たり前のこと”が出来ていない。

 

 

%e5%8f%97%e8%a8%97%e8%a3%bd%e9%80%a0%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e6%a5%ad%e3%80%80%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%80%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b%e3%83%ad%e3%82%b4

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  2. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  3. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  4. ◆コンサルタントの視点

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  5. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
PAGE TOP