ロボット工学・ロボティクス

20180105 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|協働ロボット

製造業コンサルタントの井上です。

今日のトピックスもお送ります。時代の「流れる方向」だけは確認してください。まずはざっとでいいと思います。

昨年の豪新車販売、過去最高 118万台を突破
Nature Nanotechnology

2018/01/05(金曜日)00:00(日本時間)更新 アジア経済ニュース オーストラリア 車両 オーストラリア自動車産業会議所(FCAI)は4日、2017年の国内新車販売台数が前年比0.

18年の経済成長、7%超えも=サイゴン証券
NNA.ASIA

2018/01/05(金曜日)00:00(日本時間)更新 アジア経済ニュース ベトナム 経済 ベトナムの証券最大手サイゴン証券(SSI)はこのほど、2018年のベトナムの経済成長率は7%を超えるとの見通しを

ホンダ新車販売、17年は過去最高の144万台
NNA.ASIA

ホンダの中国法人、本田技研工業(中国)投資は4日、中国における2017年の新車販売台数(小売りベース)が前年比15.5%増の144万1,307台だったと発表した。単年の販売として過去最高を更新した。

ボッシュがHEREの株式取得へ…自動運転向けリアルタイム高精度地図を提供
レスポンス

ボッシュはHEREの株式5%を取得する。取得価格は非公開で、2018年第1四半期に手続きを完了する予定。

水素燃料バス、5分間注入で450キロ走行―中国
水素燃料バス、5分間注入で450キロ走行―中国
中国韓国東アジアニュース|レコードチャイナ

水素燃料バス「開沃・泰歌号」の量産型が武漢に登場した。同車両は水素燃料電池エンジン「泰歌号」を搭載。3−5分の水素注入で450キロ以上走行でき、100キロ当たり水素使用量は5.2キロ未満となっている。全長は8.5メー

ムーアの法則を再定義しよう
津田建二 – 個人 – Yahoo!ニュース

半導体業界の真っただ中にいると、ムーアの法則が終焉し、半導体に代わるデバイスが求められる、という趣旨の発言がある。しかし、本当だろうか。ムーアの法則とは、市販される集積回路(IC)に集積されるトランジス

爆進する中国「インターネットプラス政策」の巨大なパワー
ライブドアニュース – Forbes JAPAN

中国情報通信研究院(CAICT)の発表によると、中国のデジタルエコノミーの規模は2016年に22兆6000億元(約385兆円)に達しており、これはGDPの30.3%に相当する。

中国で拡大する自動車のEコマース販売、米フォードも参入
ライブドアニュース – Forbes JAPAN

北京のインターネット企業に務める29歳のZhang Tianは自動車が大好きだ。過去数年で中古のメルセデスと2台のBMWを乗り換えてきた。

MITとハーバード大が51個の量子ビットの操作に成功!レーザーを使った量子コンピューティングの新技術
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

つい最近までSFの世界とされていた量子コンピューテイング技術が、予想以上の速度で発展してきている。

信越化学工業、塩ビ樹脂を値上げ
日刊工業新聞 電子版

PR 化学・金属・繊維のニュース一覧 おすすめコンテンツ 電験三種 合格の数学 第3版 -これでわかった電験の数学- 技術大全シリーズ 蒸留技術大全 ころがり軸受実用ハンドブッ

米インテル、半導体欠陥報道に反論
日刊工業新聞 電子版

PR エレクトロニクスのニュース一覧 おすすめコンテンツ 電験三種 合格の数学 第3版 -これでわかった電験の数学- 技術大全シリーズ 蒸留技術大全 ころがり軸受実用ハンドブッ

2018TOP年頭語録/DMG森精機・森雅彦社長ほか
日刊工業新聞 電子版

電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器…

<東証>三菱電が買い気配 「協働ロボに参入」
日経ビジネスオンライン最新記事

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記者が予測、今年はこれがバズる QCやIoA
日経ビジネスオンライン最新記事

 仮想通貨バブルや人工知能(AI)スピーカーの発売ラッシュに沸いた2017年。戌(いぬ)年の18年はどのようなIT(情報技術)トレンドがバズるだろうか。IT・電機業界を担当する記者が大胆予想する。

太陽光発電市場――2018年の展望~市場規模、政策、技術、ファイナンスの動向
日経テクノロジーオンライン — 技術者を応援する情報サイト —

今後3~4年は年間10GW前後で推移  日本の太陽光発電市場にとって、2017年は注目の年だった。固定価格買取制度(FIT)の改正法が施行され、「設備認定」から「事業計画認定」への移行に伴い、稼働見込みのない滞留案件が

人工知能を「正しい道」へと導くのは誰か──学会で語られたAIの倫理への懸念|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

12月上旬に開かれた人工知能(AI)の学会で語られたのは、進化するAIへの懸念だった。AIがブラックボックス化したまま高度化して医療などに適用されるようになったとき、誰がその判断の正当性を判断できるのか? 研究

なぜIntelはヘルスケアに注力するのか
マイナビニュース テクノロジー

さまざまなシーンでのクラウドの活用、そしてIoT機器の普及を受ける形でIntelは、事業の主軸をかつてのPC向けCPU企業からクラウドやスマートデバイスを提供する企業へと移そうとしている。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

各種ソリューション

各種ソリューション
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
製造業・加工業のWEBマーケティング
  1. 表面処理加工業

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  2. コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  3. 産業財コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  4. 製造業 経営コンサルタント

    コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  5. AR(拡張現実)MR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
PAGE TOP