業界別・産業分野別

20171118-19 製造業の経営者が押さえておくべき産業・テクノロジーニュース

製造業コンサルタントの井上です。

今日のトピックスもお送ります。時代の「流れる方向」だけは確認してください。まずはざっとでいいと思います。

法人税引き下げ「2段階」検討
Yahoo!ニュース・トピックス – 主要

政府が、賃上げなどをした企業の法人税を25%程度に引き下げ、さらに積極的な場合は、税負担をより軽くする「2段階の優遇措置」を検討していることが、FNNの取材でわかった。 政府は、安倍首相が掲げる「生産性革命」

未払い賃金請求、最長5年に サービス残業抑制へ検討
日経ビジネスオンライン最新記事

 厚生労働省は働き手が企業に対し、未払い賃金の支払いを請求できる期間を延長する方針だ。労働基準法は過去2年にさかのぼって請求できるとしているが、最長5年を軸に調整する。サービス残業を減らし、長時間労

景気「実力超え」続く 潜在成長率上回る 7~9月民間予測、7期連続プラス成長
日経ビジネスオンライン最新記事

 日本経済は緩やかながら息の長い景気回復が続きそうだ。民間シンクタンク10社が31日公表した最新の予測では7~9月の実質経済成長率の平均は年率1.

九州製造業の生産性向上へ、福岡市で協働ロボット体験会
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 九州経済産業局は2017年11月6日、福岡市で次世代ロボットの普及促進を目的として、最新の協働ロボットなどを体験できるイベント「次世代ロボット体験プロモーション」を開催した。

【ロボット新潮流! vol.1】東京大学大学院・松尾豊 特任准教授インタビュー(下)- 経済産業省 METI Journal
日刊工業新聞 電子版

―プライバシーをクリアしたとしても、データだけが集まればいいわけではありません。どんな意味を持つデータか、ラベルをつけないとAIが学習できないのでは。

IoT/非IoTデータ生成量は2025年163兆ギガバイトに増?? : IDC調査
ZDNet Japan 最新情報 総合

 IDC Japanは、国内IoT市場 コグニティブ(AI)活用動向調査の結果を発表した。  今後2025年に向け、全世界で年間に生成されるデジタルデータ量は2016年比で約10倍の規模(163兆ギガバイト)に増加するという。IDCでは、全体

テスラが発表した電動トラックは、イーロン・マスクにとって「大きな賭け」になる|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

テスラがトレーラーを牽引するための電動トラックを発表した。お得意の自動運転技術や安全装備、そして例によって巨大なスクリーンを運転席に備えた「テスラ セミ」は、その強大なパワーで運送業界を変えられるのか

RFIDの標準化
ものづくりニュース » RFIDの標準化 のコメントのフィード

この中で、人を管理する非接触ICカードは、サブ委員会SC17のワーキンググループWG8で検討されており、物を管理するRFタグは、サブ委員会SC31のワーキンググループWG4で行われている。

ライフロボティクスの協働ロボット「CORO」をコスメナチュラルズのチューブ製品のRカット工程へ導入
PR TIMES

■背景 国内では多数の化粧品製造会社が存在し、大半の会社が小ロット・多品種の製造及び販売を行っています。化粧品製造工程では、充填機から排出された製品に対してシール部のRカット工程があります。大手を除く

規制の一時凍結、AIなど4分野 経産省など第1弾検討 先端技術実用化を後押し
日経ビジネスオンライン最新記事

 経済産業省などは企業からの申し出に応じて既存の規制を一時凍結する新たな試みを人工知能(AI)など4分野で始める。首相が提案を受け付け、第三者委員会で「今の法規制の例外とするのが妥当か」を審議する。

人材不足にどう立ち向かうか、製造業に求められる4つの変化の方向性 (1/2)
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 日本電機工業会(JEMA)では、ファクトリーオートメーション(FA)に関わる工業会として、IoT(モノのインターネット)による製造業の革新に対して、関係者に対して製造業の将来像を示し、今後重要となる対応策につ

安倍晋三首相、未来投資会議で「産性革命」の具体化を指示 中小へ税優遇
産経新聞 政治

 安倍晋三首相は17日の未来投資会議で、目玉政策「生産性革命」の具体化を急ぐよう関係閣僚に指示した。政府はこれを踏まえ、中小企業への支援策を中心に検討する。設備投資を拡大した中小企業の固定資産税を優

太陽光の新設容量、2017年に初めて100GWに、欧団体が公表
日経テクノロジーオンライン — 技術者を応援する情報サイト —

 欧州の太陽光発電業界団体であるSolarPower Europeは10月26日、太陽光発電の新規導入量が2017年にグローバルで初めて100GWの水準に達するとの見通しを発表した(図)。76.

「試作」から「多品種少量生産」へ - 製造業のデジタル化を追い風に成長するプロトラブズ
マイナビニュース テクノロジー

プロトラブズは11月16日、同社が今年グローバルで進めてきたさまざまな施策の状況や、日本国内での取り組みについての説明会を開催。本国の社長兼CEOであるVictoria M.

中国が軍需産業で存在感、タイと軍事工場建設か―英メディア
中国が軍需産業で存在感、タイと軍事工場建設か―英メディア
RecordChina — 日本最大の中国情報サイト

2017年11月17日、ロイター通信によると、タイの国防科学技術機構は現在、中国と共同で軍事設備の生産・修理拠点の整備を計画しているという。環球時報(電子版)が伝えた。

EV電池の要「リチウム」争奪 中国企業、権益確保急ぐ
日経ビジネスオンライン最新記事

 中国企業が世界でリチウム資源の買収を急いでいる。世界最大の自動車市場を抱える中国政府がガソリン車から電気自動車(EV)への転換をめざす方針を打ち出したため、中核部品である電池の原料の確保を狙う。そ

【電子版】テスラ、航続1000km 新型EV「ロードスター」公開(動画あり)
日刊工業新聞 電子版

最高速度400キロ超、20年市場投入  【シリコンバレー時事】米電気自動車(EV)メーカーのテスラは16日、ロサンゼルス近郊で、スポーツ車「ロードスター」の新型モデルを公開した。時速96キロまで1.9秒で到達し、最高


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  1. コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  2. 製造業 経営コンサルタント

    コンサルティング

    会社の未来が見える方程式
  3. コンサルティング

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
  4. コンサルティング

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  5. コンサルティング

    堀江貴文氏出資のロケットベンチャー(インターステラテクノロジズ)を丸紅が支援
PAGE TOP