業界別・産業分野別

20171116 製造業の経営者が押さえておくべき産業・テクノロジーニュース

製造業コンサルタントの井上です。

今日のトピックスもお送ります。時代の「流れる方向」だけは確認してください。まずはざっとでいいと思います。

KDDI、月額40円~のIoT向け通信サービス「KDDI IoT コネクト LPWA」

 通信方式としてLTE-Cat.

傷口を縫い合わせるのはもう古い、手早く装着できる次世代の絆創膏「microMend」

すばやくて、綺麗に治ってる。 手術後などのタイミングで傷口をふさぐ際には、縫合や医療用ステープラーといった手法が使われますが、同じような作用ながら絆創膏のように簡単につけられ、メリットも多い革新的な器

複合現実(MR)とは何か? 注目6事例に見るVRやARとの違い

 フロスト&サリバンでは、複合現実(Mixed Reality、以下MR)を「物理空間と仮想空間が共存しており、かつリアルタイムで仮想空間のコンテンツを操作できる状況」と定義している。

韓国、半導体頼みの最高益 上場企業、1~9月営業利益28%増

 韓国取引所は15日、韓国の上場企業525社の2017年1~9月期連結決算を集計し結果を発表した。525社を合算した営業利益は120兆4572億ウォン(約12兆円)と前年同期に比べて28%増えた。1~9月累計実績としては過去最高

東京・立川に都内最大級のファブスペース「Tschool」が2018年2月オープン

株式会社まちづくり立川が、立川市柴崎町(立川駅から徒歩8分)にファブスペース「Tschool(ツクール)」を、2018年2月にオープンする計画で工事に着手した。

センサー内蔵の錠剤、大塚製薬などが米国で承認取得

 大塚製薬と米Proteus Digital Health(プロテウス・デジタル・ヘルス)は、錠剤にセンサーを内蔵して服薬を管理するデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト(Abilify MyCite)」の承認を米食品医薬品局(FDA)から取

無線タグ内蔵ボールや360度大画面 米アメフト新施設 渡辺史敏 ジャーナリスト

 2017年シーズンの総収益が140億ドルにも達すると見られている、世界最高峰の売り上げを誇るスポーツリーグ、米プロフットボールNFL。2018年2月4日に開催予定の優勝決定戦「第52回スーパーボウル」に向けて、熱戦

空飛ぶクルマのTerrafugiaを「ボルボの親会社」が買収。拠点は米国のまま開発人員を3倍に増強

ボルボやロータスの親会社として知られる、中国の浙江吉利グループ(浙江吉利控股集団)が、フライングカーを開発する米国のスタートアップTerrafgiaを買収したと発表しました。吉利による買収話は夏頃か

【パナソニック】M&Aなどの戦略投資に1兆円

「2018年度に向けて(M&Aなどで)戦略投資として1兆円を投じる」。パナソニック<6752>の津賀一宏社長は2015年度の事業方針発表会で、こう高らかに宣言した。2011年に陥った業績不振から脱却し、創業100周年となる2018年か

世界の新車市場、ライドシェア普及で2040年に縮小へ…IHS予測

欧米に本拠を置く大手調査会社、IHSマークイットは11月14日、「2040年の自動車市場予測調査」を公表した。

SCREEN 歩留まり悪化を防止 有機ELパネル用の塗布現像装置2種

【京都】SCREENホールディングスは15日、第6世代基板に対応した有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネル製造用の塗布現像装置2機種を発売したと発表した。…

進むIoT利用(33)CKD−加工状況見える化→電力・エア消費改善

空気圧機器大手のCKDは、流体機器やセンサーも扱う主力のコンポーネンツ事業で2016年3月に「ネットワーク技術部」を新設。IoT(モノのインターネット)対応の製…

物流施設のロボ導入推進 PALが企業連合構築

PAL(大阪市西区、辻有吾社長、06・6534・8998)は、物流関連のロボット技術を持つ企業のアライアンス(連合)を構築する。物流施設へのロボット導入を推進す…

「今後はすさまじい伸び」 国内AI市場、6年間で15倍以上の成長見込み──IDC調べ

IDC Japanが、国内のAI(人工知能)市場予測を発表。2021年には2501億900万円まで成長する見込みという。  「AI市場は今後すさまじい勢いで伸びていく」──IDC Japanは11月15日、国内のコグニティブ/AI(人工知能)システム市

異なるブロックチェーン同士を安全に接続 富士通研が新技術

ブロックチェーン同士を安全につなぐセキュリティ技術を富士通研究所が開発。異なるブロックチェーン同士を新たなブロックチェーン「コネクションチェーン」でつなぐ技術だ。  富士通研究所は11月15日、ブロックチェ

通信技術の進化が自動車を変える

 2017年10月末に開催された、東京モーターショー併設セミナー「FUTURE MOBILITY SUMMIT 2017」(会場:東京ビッグサイト)。通信技術を手がける企業であるNTTドコモと富士通が、将来の「コネクテッドカー」への取り組みを紹介

実質賃金、未だ上昇の気配なし。9月0.1%減、4ヶ月連続減少

 厚生労働省は11月7日、9月分の毎月勤労統計調査の速報を発表した。これによると一般に賃金とされる「きまって支給する給与」のうち「所定内給与」は全産業・全就業形態の平均として24万2143円で前年比0.

「地銀の7割は5年後に赤字」金融庁の試算を再現してみた

10月25日、銀行の監督官庁である金融庁は「地銀の過半数が本業赤字」という試算結果と、2017年3月期の本業の利益とその前期との比較に基づいた散布図を公表した。週刊ダイヤモンドはこの図を再現し、地銀が抱える苦悩

Innoluxの3Q決算、営業利益率13.7%と健闘も気になる在庫増

 台湾Innolux社の2017年度3Q(2017年7~9月)決算は、売上高が前年同期比7%増、前四半期比6%減の795億800万台湾ドル、売上総利益が前年同期比84%増、前四半期比23%減の161億6500万台湾ドル、営業利益が前年同期比182%増、前

自動運転に本気出します! Armが宣言

 英Arm社は、プライベートイベント「Arm TechCon 2017」(2017年10月24日~26日、米国サンタクララ)で、自動運転に対する取り組みについて講演した。講演タイトルは「Advanced IP Solutions to Enable the Autonomous Automotive Revolution」で、

嬉しい悲鳴!希望者が多すぎて「工場見学」をパッケージ化した中小企業

 スズキ機工(千葉県松戸市、鈴木豊社長)が実施する無料の工場見学会が盛況だ。生産機械設計などを手がける同社は「片道1時間以内の顧客としか取引しない」といった戦略で売り上げを伸ばしたユニークな企業。毎月

東レ、炭素繊維事業は乱気流を抜けたか 証券部 竹内弘文

 2016年から苦戦が続いていた東レの炭素繊維事業の先行きに晴れ間がのぞいている。航空機向けの需給の緩みで減産を余儀なくされていたが今年の7月からフル操業に戻り、今後もこの基調が続く見通しという。17年4~

【産業動向】 Himax、18年設備投資は前年超えへ 3Dセンサー向け増産で
サムスンとソフトバンク、自動運転向けレーダー技術開発のイスラエルInnoviz Technologiesに出資——シリーズB調達額は7,300万米ドルに

自動運転車用ソリッドステート型 LiDAR(Light Detection and Ranging)技術を開発する Innoviz Technologies が、これまでに発表されていたシリーズ B ラウンドの投資額を7,300万米ドルに拡大した。

生産現場一筋のトヨタ副社長が学生に教える、「自働化」の在り方 (1/2)

トヨタ自動車の河合満氏。トヨタ技能者養成所の思い出は「何事にも興味を持ち、多くの趣味(遊び)と多くの友達ができたこと」。  日本自動車工業会は、会員企業である自動車メーカーから日本各地の大学に講演者を

2030年のFCV普及見通しは乗用車タイプで1000万台超、FCトラックは50万台

 自動車メーカーやエネルギー産業、重工業の大手企業13社で構成する水素協議会(Hydrogen Council)(※1)は2017年11月13日(現地時間)、2050年までを視野に入れた水素利用の調査報告を発表した。

テスラ初のEVトラックは「既成概念を吹き飛ばす」…マスクCEOがツイート 11月16日発表予定

米国のEVメーカー、テスラが11月16日に発表予定の同社初のEVトラック。その完成度について、同社のイーロン・マスクCEOが自信を示した。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  1. 製造業 経営コンサルタント

    コンサルティング

    製造業のWEB活用方法:仕事を取るためのWEBのタイプ4種類
  2. コンサルティング

    機械受注統計2015年11月。バラツキが気になるところ。
  3. コンサルティング

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  4. コンサルティング

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
  5. コンサルティング

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
PAGE TOP