【 産業・業界別動向 】

20180127 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|電気モーター世紀

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

「電気モータの世紀」まさにそうですね。産業構造も大きく変わります。

しかし、その動力である電気モーターは意外にも古い技術だ。電気モーターはもう1世紀以上、ガソリンエンジンに負けていた。それが、バッテリーの改善や素晴らしいセンサーたちの力を借りて、ついに交通手段を自分のものにしようと動き出したのだ。(WIRED.jp)

ロボットの進化が加速する「電気モーターの世紀」──「100年前の技術」が黄金期を迎え始めた|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

電気モーターの分野が、いままさに黄金期を迎えようとしている。モーターとギアボックスなどを組み合わせたアクチュエーターが進化を続けており、これがロボットの細かな動きや高い精度を支えているからだ。さかの

トランプ政権、宇宙ステーションへの予算支出中断を検討か 2025年までに
sorae:宇宙(そら)へのポータルサイト

  海外メディアのThe Vergeは、トランプ政権による予算案をもとに国際宇宙ステーション(ISS)への予算支出を2025年までに終える準備をしていることを報じています。   今回の予算案は2018年2月12日の公式

三井金属アクト、車のサイドドア開閉を自動化−無人送迎車向け開発
日刊工業新聞 電子版

三井金属アクト(横浜市西区、真鍋貴志社長、045・664・5600)は、自動車のサイドドアを自動で開閉するための電動ユニットの開発を本格化する。自動運転機能を使…

仮想通貨採掘で電力量膨張 アルゼンチン消費向け匹敵の可能性
政策・市況ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 2018年の仮想通貨をマイニング(採掘)する際に世界で必要になる電力が、アルゼンチンの総消費電力に匹敵する可能性があることが、分かった。米国や中国などで再生可能エネルギーを手掛ける企業にとっては、

TSMCにマイニング恩恵 スマホ需要鈍化も新たな成長源期待
政策・市況ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 半導体の受託生産で世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)はここ10年間、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」への部品供給で恩恵を受けてきた数百社の一つだ。しかし、現在は同社

ハードウエア起業、シリコンバレーで増えている理由
日経テクノロジーオンライン — 技術者を応援する情報サイト —

 シリコンバレーで近年、ハードウエアを開発するスタートアップが増えている。ハードと言ってもIT機器やデジタルガジェットではない。調理家電のような生活を便利にするハードを開発するスタートアップが注目を集め

グラフェン、ファスナー状に結合 名大、精密な化学合成法を開発
日刊工業新聞 電子版

名古屋大学の村上慧特任准教授と古賀義人大学院生、伊丹健一郎教授らは、ベンゼン環が鎖状につながった2本の鎖状分子を、ファスナーで閉じるように結合させてシート状にする新しい化学合成法を開発した。炭素材

経営強化法改正案/企業庁、中小のIT利活用支援で制度新設
日刊工業新聞 電子版

経済産業省・中小企業庁は、通常国会に提出する中小企業等経営強化法改正案に「情報処理支援機関」認定制度の新設を盛り込む。中小企業の生産性向上には会計クラウドソフト…

自動走行化へ路線バス実証−パイオニアなど茨城で半年間
日刊工業新聞 電子版

きちんと知りたい! 飛行機メカニズムの基礎知識 国内・海外生産の品質安定化を実現する グローバル自動化ラインの基礎知識 [加工・組立ライン編]

展望2018/東京エレクトロン・河合利樹社長「省エネ・高速ニーズ対応」
日刊工業新聞 電子版

―2018年の景況感をどうみていますか。 「ポジティブにみて良い。IoT(モノのインターネット)やビッグデータ(大量データ)、人工知能(AI)などの技術が普及し、半導体需要が強まっている。今

17年の産ロボ出荷、過去最高更新 28%増の7126億円
日刊工業新聞 電子版

日本ロボット工業会が25日発表した2017年の産業用ロボットの出荷額(会員32社分)は、前年比28・5%増の7126億円と過去最高となった。国内需要が堅調に推移…

広がるロボット活用(15)光軽金属工業−表面仕上げ、力加減を人並みに
日刊工業新聞 電子版

【作業時間2分半】 光軽金属工業(岡山市東区、鴻上浩之社長、086・952・2121)は、農業、電気、輸送など幅広い業種向けにアルミニウム合金鋳物を製造、販売する。2017年初めにアルミニウムダイ

経産省、「生産性革命」促進 税制支援へ法案提出
日刊工業新聞 電子版

経済産業省が通常国会に提出する生産性向上特別措置法案(生産性革命法案)と産業競争力強化法改正案の概要が明らかになった。人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)などを活用した革新的技術実証を

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  2. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  3. ◆コンサルタントの視点

    会社(組織)のエンゲージメント力(絆)を上げよう
  4. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
  5. AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
PAGE TOP