20180202 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|航空機サプライヤーDB化(軽座産業省)

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

Samsung、2018年は折りたたみディスプレイ事業に期待と表明。折りたたみスマホは…?
ギズモード・ジャパン

なんとか出てほしいぞ! 以前、Samsung(サムスン)のモバイル事業トップの発言から、開発が難航しているとされる折りたたみスマートフォン。しかしSamsungは2017年第4四半期の業績発表の場で、2018年は折りたたみ有機ELデ

アップルの10~12月、売上高・純利益とも最高
日経ビジネスオンライン最新記事

【NQNニューヨーク=滝口朋史】米アップルが1日に発表した2017年10~12月期決算は、純利益が前年同期比12%増の200億6500万ドル(約2兆1870億円)と過去最高を更新した。主力のスマートフォン「iPhone(アイフ

ウォルマートの店内に放たれた「商品棚管理ロボット」の実力と、見えてきた「人との協働」という課題|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

米国のウォルマートは、棚の管理係として新たにロボットを採用した。人と協働し、商品棚や在庫を管理するロボットは増えてきているが、一方でロボットを嫌悪する人間に蹴られてしまうこともあるという。ロボットが

人と同じサイズの人型ロボットの良さとは?人と協働・複雑組み立てに挑む
ニュースイッチ

 東京ロボティクス(東京都新宿区、坂本義弘社長、03・6265・9761)は、昨年末に人と同じサイズの人型ロボット「Torobo(トロボ)」の受注を開始した。ロボットアームの「トロボアーム」と合わせ製

AIの普及とともに直面するマネジメントの課題
ZDNet Japan 最新情報 総合

 人工知能(AI)は着実に普及が進んでいる。このまま普及が進むと、企業はマネジメントにおける難題を抱えることになるだろう。

AR/VRともにビジネス利用は「我が事化」が課題、IDC Japan
IoTニュース:IoT NEWS

AR/VRともにビジネス利用は「我が事化」が課題、IDC Japan 【概要】 ■VRのビジネス利用は緒に着いたばかりであり、ARのビジネス利用は揺籃期の段階 ■VRはマーケティングでの利用が先行。トレーニング、エン

2018予算/千葉県、中小を重視 設備投資支援、5700万円継続
日刊工業新聞 電子版

【千葉】千葉県は1日、一般会計が前年度6月補正後予算比0・2%増の1兆7288億円とする2018年度当初予算案を発表した。中小企業を重視した内容となっており、中…

中小の生産性向上対策 「IT・設備投資」37%-中小機構 調査
日刊工業新聞 電子版

きちんと知りたい! 飛行機メカニズムの基礎知識 国内・海外生産の品質安定化を実現する グローバル自動化ラインの基礎知識 [加工・組立ライン編]

経産省、航空機サプライヤー900社をDB化 日英検索サイト構築
日刊工業新聞 電子版

経済産業省は、全国の航空機産業クラスターやサプライヤー、専門家を検索できるポータルサイトを構築した。日本航空宇宙工業会(SJAC)が運営する。日本語と英語で検索できる。サイト利用者は、航空宇宙分

建機4社の4―12月期、利益急回復−部品・サービス好調
日刊工業新聞 電子版

建設機械大手4社の2017年4―12月期連結決算が1日出そろい、急速に利益が回復している。コマツと日立建機の営業利益率が10%台に乗り、住友重機械工業(建機部門)は営業利益が前年同期に比べて約3

MR専門の学校「MRプロフェッショナルアカデミー」が2018年月開校へ
VR Inside

株式会社VRデザイン研究所は、日本初のMR(Mixed Reality : 複合現実 、以下MR)専門の教育機関『MRプロフェッショナルアカデミー』を、2018年7月に開校する。 VR・ARの先にあるとされているMRが世界的に注目されている。

FCA、無人自動運転サービス用に数千台の「Pacifica」を供給
日経テクノロジーオンライン — 技術者を応援する情報サイト —

 米FCA US社は2018年1月30日、無人自動運転車の配車サービスを開発中の米Waymo社に、数千台規模の「Chrysler Pacifica Hybrid」を供給することで合意したと発表した。FCA社が供給するベース車両に、Waymo社の自動運転システムを搭載

国内コネクテッドカー市場は2025年に2兆円規模に、2016年比で約5倍 (1/2)
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 矢野経済研究所では国内のコネクテッドカー関連市場の調査を実施した。調査によると2016年のコネクテッドカー関連市場の規模は3980億円で、2025年には2兆円規模に成長する見込みだという。

最新:経済レポート一覧。新規掲載:163
国内最大級レタス工場 バイテック、100億円投じ七尾に
日経ビジネスオンライン最新記事

 電子部品商社のバイテックホールディングスは約100億円を投じ、石川県七尾市に国内最大級となるレタス工場を設ける。同社が能登半島に持つ植物工場は計画中を含めて3カ所目となる。谷本正憲知事は30日の県議会で「

サムスン、仮想通貨マイニング用チップの製造を開始
サムスン、仮想通貨マイニング用チップの製造を開始
Yahoo!ニュース

 韓国のサムスンは現地時間1月31日の第4四半期決算報告で、「仮想通貨マイニング用チップに対する需要の高まり」による同社ファウンドリ事業の活性化を見込んでいると述べた。

屋外設置可能なキャビネットと制御システム向け仮想化ソリューションを開発
TechFactory 最新記事一覧

横河電機は、屋外に設置可能なリモートIOキャビネット「N-IO フィールドエンクロージャ」と、制御システムの仮想化ソリューションを開発した。  横河電機は、屋外に設置可能なリモートIOキャビネット「N-IO フィールドエ

故障予知ソリューションと製造業の未来
TechFactory 最新記事一覧

製造業におけるAI活用を背景に、注目が集まる故障予知の実現。スマート工場化の進展に伴い必要不可欠な存在として大きな期待が寄せられているが、現段階はまだ黎明(れいめい)期といえる。理想とされる故障予知ソ

AIチップで一発逆転狙う、 中国半導体産業の野望
MITテクノロジーレビュー

北京にある清華大学のオフィス。コンピューター・チップがすぐそばにあるカメラのデータを猛スピードで処理している。データベースに保存された人間の顔を探しているのだ。数秒後、シンカー(Thinker)という名のその