統計指標をグラフで見るシリーズ

経済指標の流れを、グラフで把握しよう!

経済指標を定期的に確認することで、大きな流れトレンドがわかります。

特に産業財の場合は、派生ビジネスなので、先行指標を押さえることが重要です。

しかし最近、工作機械受注高や自動車生産に関する指標もそうですが、数値発表のみでグラフ化されておらず流れが見えにくくなっています。細かな数字よりも、経済指標は大きな流れをとらえることに意義があります。

製造業の方に限りませんが、確認しておいた方が良い経済指標をグラフ化していきますので、ご活用ください。

No 指標名 発表時期 備考
1 機械受注高 毎月10日頃  内閣府
2 金属加工統計(プレス加工 / 熱処理) 毎月 10日頃
3 工作機械受注高 毎月 10日頃
4 鍛圧機械 受注高 毎月 10日頃
5 (米国)設備稼働率 毎月 15日頃
6 (米国)鉱工業指数 毎月 15日頃
7 特定サービス産業動態統計 毎月 15日頃
8 半導体・FPG製造装置(受注高/BBレシオ) 毎月 15日頃
9 鉱工業指数(速報) 毎月 末日頃
10 自動車生産実績台数 (四輪 / 二輪) 毎月 末日頃

 

 

 

 

受託製造加工業の業績向上方程式
船井流 製造加工業向けWebマーケティング
受託製造・部品加工業 営業力(市場接触力)
受託製造加工業 商品力(提供する価値)
受託製造・部品加工業 会社に神経を通す
ものづくり受託製造加工業 賃金評価制度
中小企業等経営強化法 経営力向上計画 書き方ポイント
ものづくり企業 新市場開拓部会
ものづくり企業 新市場開拓部会

カテゴリー

masashi_i Tweet

  1. コンサルティング

    さくらインターネットがIoT(M2M)に参入!
  2. コンサルティング

    自動車産業はタイ→インドネシア→メキシコへ
  3. コンサルティング

    2025年、確実に来る未来。
  4. 景気・市場・産業動向

    【統計】鉱工業指数 2016年9月 (グラフで見るシリーズ)
  5. コンサルティング

    鉱工業指数(生産)をビジュアルで見る景気動向
PAGE TOP