統計指標をグラフで見るシリーズ

経済指標の流れを、グラフで把握しよう!

経済指標を定期的に確認することで、大きな流れトレンドがわかります。

特に産業財の場合は、派生ビジネスなので、先行指標を押さえることが重要です。

しかし最近、工作機械受注高や自動車生産に関する指標もそうですが、数値発表のみでグラフ化されておらず流れが見えにくくなっています。細かな数字よりも、経済指標は大きな流れをとらえることに意義があります。

製造業の方に限りませんが、確認しておいた方が良い経済指標をグラフ化していきますので、ご活用ください。

No 指標名 発表時期 備考
1 機械受注高 毎月10日頃  内閣府
2 金属加工統計(プレス加工 / 熱処理) 毎月 10日頃
3 工作機械受注高 毎月 10日頃
4 鍛圧機械 受注高 毎月 10日頃
5 (米国)設備稼働率 毎月 15日頃
6 (米国)鉱工業指数 毎月 15日頃
7 特定サービス産業動態統計 毎月 15日頃
8 半導体・FPG製造装置(受注高/BBレシオ) 毎月 15日頃
9 鉱工業指数(速報) 毎月 末日頃
10 自動車生産実績台数 (四輪 / 二輪) 毎月 末日頃

 

 

 

 

各種ソリューション

各種ソリューション

カテゴリー

masashi_i Tweet

  1. コンサルティング

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  2. コンサルティング

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  3. コンサルティング

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  4. コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  5. 製造業 経営コンサルタント

    コンサルティング

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
PAGE TOP