SEO対策

Webマーケティングの「質」とは?

製造業 経営コンサルタントの井上です。

先日、Webマーケティングは「量」を追う前に「質」を追って欲しいと書きました。

その「質」の考え方をお伝えします。

そもそもWebの「質」とは?

これは目的によって違ってきます。

ブランディングの為のデザイン重視か。通販みたいな売上やコンバージョン重視か、またはソリューションサイト(問い合わせ型)なのかによって違ってきます。

私はクライアント先では、BtoBの産業財の会社が多いので、問合せ数になります。

 

次に、誰から問合せを貰いたいか? BtoB産業財の場合は、クライアントの持っている商材、技術によりますが、多くは開発の部署または設計者、生産技術になります。

これは重要です。

もう一人の顧客がいます。誰だかわかりますか?

 

それは、Googleです。

 

問合せ貰うためには、検索上位に上がらないと問い合わせはありえません。

開発、設計、生技の方の困りごとを解決をする為に、困った時に検索する「キーワード」で検索上位に上がる必要があります。

Googleに良いコンテンツ、良いWebであるという認識を持ってもらった上にです。

 

Webの「質」とは、

第一に、Googleに良いコンテンツであり、良いサイトであること。

第二に、本当の顧客(開発、設計、生技)の方の困りごとを解決できそうであると思ってもらうこと。また、その証拠をしめしていること。

になります。

 

第二の部分にフォーカスしつつ、第一のGoogleの視点が抜けているサイトが多いです。

ある商材、技術でのビックキーワード、単体では検索上位に上がっる場合はありますが、実際に複数キーワードで検索されるケースが多いです。

メインキーワードは強いが、サブキーワードがサイトに入っていない為、上がらないというケースも多くあります。取りこぼしが多いケースです。

アナリティクスを見れば、直ぐにわかるはずです。(アナリティクス見てくださいね)

 

シンプルに作りたいと願うのは、Webマーケティングでは”手を抜く”のと同義になります。だからと言って、1ページ内にいろいろキーワードを入れるということは辞めてください。しっかりと全体構成を考えて、WEB全体を構築していかなければ、ゆくゆくはリスティングに頼らないければいけなくなります。

 

折角サイトを構築や作り直すときに、目的は何か、誰から問合せを貰いたいのかを再度、確認してください。

その前提として、Googleも第一のお客様と思って、Googleに理解してもらう「質」の高いサイトを構築して頂きたい。


コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
  2. 00 半導体業界

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  3. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  4. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  5. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
PAGE TOP