コンサルティング

重要だが、やらないこと「スキルアップ」

製造業経営コンサルタントの井上です。

 

中小製造業の特に受託製造業、加工業は、自社製品がないので受け仕事であるので、日常の活動が自社の商品であると常々伝えております。

言い変えれば、自社が提供する価値です。

メーカーの場合は、開発力が重要になります。前提として、受託製造業・加工業同様に現場力が重要です。

受託製造業の「商品力」の中に、当然技術力も入ってます。

詳しくはこちらへ、

中小製造業が会社を強くしていくには、攻めと守りがあります。

今回は、守りについてです。(これが攻めるために重要な要素にもなります。)

 

受託製造業・加工業の「商品力」を見て頂いたと思いますが、マネジメントの部分がいいですが、技術力も当然あります。

その技術力が良い悪いとあるのですが、その前提条件の従業員のスキル(力量)が非常に重要です。

 

当たり前ですが、70~80名規模以下の会社では、スキルマップ(力量)が真剣に考えられており、明確になっている会社は少ないのではないのでしょうか?

 

私も、ISOを取得し運営している会社はありますが、やらなければいけないからやってますという会社がほとんどです。これが現実です。

大手企業は、スキルも明確になっており、教育もされて、多能工も進み、更に機械の自動化も進み、システム化も進んでいます。

 

中小製造業は?

 

スキルアップがやらなければいけない理由が、単位が「個人」だからです。

もう少し分かりやすく言うと、マネジメントは組織で行うことなので、10人のうち2人が優秀ならなんとかなる場合があります。

スキルアップは、個人個人の能力を上げる必要があります。会社として、あらゆる教育する「場」や「ツール」などを用意できれば良いのですが、意識が高くない会社では「OJT」という名の放置です。

 

個々人のもともとの能力が低い場合、最悪、人材を募集しないといけない事態になります。また時間がかかってしまいます。

 

「マナジメント」は組織で動くので、一部の優秀なメンバーを中心に進歩ができ改善し易いですが、個人の能力アップである「スキル(力量)」は時間がかかります。

 

多能工化するにも、上司の仕事を部下に振っていくときでも、結局、他のメンバーのスキルが低いために、新しいやり方、体制を作り辛くなります。そして、今まで通りが続いてしまいます。

 

ぜひ、最終ネックになりやすい「スキルアップ」は、やって損はないことは間違いないので、重要事項として常に取り組んでいきまましょう。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

受託製造・加工業向けコンサルティング
船井流 製造業向けWebマーケティング
船井流 部品加工業向けコンサルティング
船井流 部品加工業向けコンサルティング
受託製造加工業 社長の想いを社員に伝え神経を通す
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
中小企業等経営強化法 経営力向上計画 書き方ポイント
ものづくり企業 新市場開拓部会
ものづくり企業 新市場開拓部会
  1. コンサルティング

    製造業の国内回帰
  2. Webマーケティング

    米Google、アルゴリズム変更
  3. コンサルティング

    航空機産業参入を促す中小部品メーカーへの補助金
  4. コンサルティング

    実は、自動運転関連の特許はトヨタがダントツ
  5. コンサルタントの視点

    (ブログ)グローバル調達などグローバルの出来事が多くなってきた。
PAGE TOP