成長戦略

CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い

CES2016(世界最大家電市)では、家電が中心に(最近はスマートフォン)なるのですが、今年からは次世代自動車の話題が多いと感じます。

排ガス不正問題があるフォルクスワーゲンは、今後5年間、電気自動車の開発を強化する考えを明らかにしている。 フォルクスワーゲン乗用車部門、ヘルベルト・ディース会長:「(2020年から25年の間には)普通のガソリン車よりも安価で走行距離も十分な電気自動車が市場に出るだろう」

また、ドイツ自動車大手アウディの米国法人社長、スコット・キーオ氏も、米国での販売台数に占める電気自動車の割合を2026年頃までに25%に増やすとの目標を明らかにしました。アウディ内製でバッテリー開発を行う一方、主要なバッテリーメーカーとも「強固な関係」を築き、「持続可能な戦略転換」を進めると強調している。

以前、ポルシェもEVを発売すると表明している。

やはり、すべての自動車の方向性が、EV(電気自動車)へ向かいつつある。

それにプラスして、自動運転がらみの技術が世界的に取り組んでいる。

基幹産業の構造が大きく変わることは間違いない。関わる製造業はどう動くのかが重要になる。

今後とも産業別の市場動向から目がはなせない。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

各種ソリューション

各種ソリューション
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
製造業・加工業のWEBマーケティング
  1. コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  2. コー・ロボット(協調ロボット)

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  3. 方針管理

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  4. 成長戦略

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  5. 気になるNews

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
PAGE TOP