AI(人工知能)プラットフォーム

AI導入率、日本企業は2%未満というけど、AIプラットフォームは何があるのか?

製造業経営コンサルタントの井上です。

MM総研の調査で下記のAI導入率について記事がでてました。

もう導入しているところがあることは知ってますが、どんなAIプラットフォームがあるか知らないの簡単に調べてみました。

AI導入率、日本企業は2%未満 米独と比べ「出遅れ目立つ」 MM総研調査

日本企業はAIを導入済みが約1.8%、導入検討中が17.9%、米国は導入済みが13.3%、検討中が32.9%、ドイツは導入済みが約4.9%、検討中が22.4%という結果だった。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/01/news061.html

いろいろwebで調べて見たらあるんですね。

しかも2016年で79サービスもと思ったのですが、よく見るとAIを使ったサービスが79ということです。

全79サービス!「AIサービスマップ 2016 Summer」~活用したいAIがすぐに見つかる~

よく見てみるとありました、AIプラットフォームが。

 

(AINOWより)

いろいろ業界によっては、使えるもとと使えないものと分かれますが、今後はAIプラットフォームをチェックしていく必要がありそうです。

確実に言えることは、今後はAIを”活用”してビジネスをするということ。

サポートツールまたは自動化ツールとしての活用です。

あくまでも人間のサポートでしか当面はあり得ないので、どんどん活用していくことが、自分のビジネスを速くし、また強くしていく可能性を秘めています。

要チェック分野ですね!

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
  2. 00 半導体業界

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  3. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  4. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  5. ◆コンサルタントの視点

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
PAGE TOP