◆コンサルタントの視点

自動車等の軽量化を目指す、NEDOの革新的新構造材料等研究開発

製造業 経営コンサルタントの井上です。

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が輸送機器の計量化を目指して、研究が採択されました。

自動車、鉄道車両、航空機等の抜本的な軽量化に向けて、革新的な鋼板、アルミニウム材、チタン材、マグネシウム材、炭素繊維、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)等の開発と、これらの材料を適材適所に使うための接合技術の研究開発を進めています(革新的新構造材料等研究開発、平成26年度~34年度予定)。

 

(「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトの概要 http://guide.jsae.or.jp/topics/186670/ より)

 

郵送機器なので、耐久消費財系ですが、より一層、鉄離れになっていきますね。

その方向性が、鉄⇒アルミ⇒CFRP⇒樹脂とより軽量化していくでしょう。
(特性により上記のように単純に進むわけではないです。)

国もよりスピードアップを望んでいるようですね


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  2. ◆コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  3. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  4. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  5. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
PAGE TOP